本文へ移動する

観光

大念寺

大念寺は浄土宗のお寺で、今から約400年前の天正18年(1590)、浄土宗の高僧、源誉慶厳(げんよけいがん)が開山し、お坊さんの大学「関東18壇林」の一つにも数えらた由緒あるお寺です。
本堂には、鎌倉時代前期(1200年頃)に作られた「阿弥陀如来立像」(市指定文化財)があります。この仏像は鎌倉仏像彫刻の第一人者、快慶風の特徴が見られます。
また、文化6年(1809)の大仏火事で知られる大仏などがあります。
この他、入り口には県内でも数少ない楼門(二階建ての門)や、境内には徳川家康お手植えと伝えられる「逆さ銀杏」をはじめ、多くの歴史的遺産があります。

【場所】 稲敷市江戸崎甲2656 ※上段の「アクセスマップはこちら」から地図をご覧いただけます。
『大念寺01』の画像『大念寺02』の画像『大念寺03』の画像

地図を見る:大念寺

※別ウィンドウで地図が表示されます。

施設:大念寺
稲敷市江戸崎甲2658
スマートフォン用ページで見る