本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 消費生活
  4. クーリング・オフ

暮らし

クーリング・オフ

クーリングオフとは?

突然の販売訪問や電話勧誘などで、意にそぐわない契約をしてしまった場合、ハガキなどに解約する旨を記載し業者に発送することで、一切の負担なしで契約を解除できます。

出来る場合・期間と出来ない場合

○出来る販売方法とその期間
 (期間は、クーリング・オフについての記載がある法廷書面を受け取った日から数えます。また、契約書面を受け取っていない場合や、クーリングオフは出来ないなどと告げられたときは、期間関係なくクーリングオフができます。)

販売方法 期間
訪問販売(キャッチセールス、アポイントメントセールス、催眠商法を含む) 8日間
電話勧誘販売 8日間
連鎖販売取引(マルチ商法) 20日間
特定継続的役務提供(エステ、外国語教室、学習塾、家庭教師、結婚相手紹介サービス、パソコン教室) 8日間
業務提供課誘引販売取引(内職商法・モニター商法) 8日間
訪問購入(※法施行日の2013年2月21日以降の契約が対象) 8日間

○クーリング・オフ出来ない場合
  ・自分から店舗に出向いて商品等を購入した場合
  ・3000円未満の商品を購入し、現金で支払った場合
  ・自動車・電気通信   ・自ら使用してしまった消耗品(化粧品・健康食品)ただし、契約書面にクーリングオフができないという記載がない場合はクーリングオフできる。
  ・買う意思を告げて販売員に来訪を要請した場合
  ・消費者契約ではなく事業上の契約
  ・通信販売で商品等を購入した場合(クーリング・オフ制度の適用はありませんが、広告に返品の可否について表示がなければ商品を受け取った日から8日間は契約解除が可能。送料は消費者負担)

クーリングオフの手続き方法

  (1)クーリングオフは必ず書面で行いましょう。ハガキでできます。
  (2)クーリング・オフができる期間内に通知します。
  (3)クレジット契約をしている場合は、信販会社と販売会社に同時に通知します。
  (4)ハガキの両面をコピーし、控えとして保管しましょう。
  (5)「特定記録郵便」または「簡易書留」で送付し、コピーや送付の記録は一緒に保管しておきましょう。

▽クーリング・オフ通知ハガキの記載例

契約解除通知

 

契約年月日 平成○○年○月○日

商品名   ○○○○○

契約金額  ○○○○円

販売会社  株式会社○○ ○支店

         担当者 ○○様   

  

上記日付の契約は解除します。なお、支払済の○○円を返金し、商品を引き取ってください。

  

   平成○○年○月○日

       茨城県稲敷市○○番地

        稲敷 太郎

その他

・商品を受け取っている場合は、クーリング・オフ通知に商品は着払いで返送する旨の記載をし、宅配便等の着払いで返送してください。
・その他ご不明な点などがある場合には、稲敷市消費生活センターにご連絡ください。

【稲敷市消費生活センター】

相談日
月~金曜日(祝日、年末年始を除く)/午前9時30分~正午、午後1時~4時30分
場所
稲敷市犬塚1570番地1(稲敷市役所内1階) ※来所する場合は電話で確認
電話番号
029-893-1523(直通)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工観光課 商工労働係です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る