本文へ移動する

埋蔵文化財

土木工事・建築工事等における埋蔵文化財の取扱いについて

稲敷市内で土木工事・建築工事を行う場合、その場所が周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)に該当するかどうかを確認する必要があります。

土木工事・建築工事等を行う場合は、本ホームページから「埋蔵文化財の所在の有無及びその取扱いについて(照会)」及び承諾書をダウンロードしていただき、添付図面を添えて届け出てください。

 

 
 埋蔵文化財取扱いフロー図

開発事業を行う際の、発掘調査手続きとの関係や流れについて説明します。

   

 埋蔵文化財の所在の有無及びその取扱いについて(照会)及び承諾書

開発等土木工事を計画される場合は、事業予定地が周知の埋蔵文化財包蔵地に該当するか否か、必ず照会を届け出てください。また、現地を踏査し、有無の判断が不可能な場合、試掘、確認調査を行いますので、その際の承諾書も同時に届け出てください。

 なお、開発事業を円滑に行うためにも、事前相談、照会はできるだけ早い時期にお願いします。

 

 土木工事の届出または通知(文化財保護法93条)

文化財保護法第93条第1項のいう「周知の遺跡」の範囲内で建築・土木工事等を行う場合には、工事着工60日前までに「土木工事届出または通知」を市教育委員会を経由して県教育委員会へ届け出てください。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは歴史民俗資料館です。

〒300-0736 稲敷市八千石18番地1

電話番号:0299-79-3212 ファックス番号:0299-79-3213

メールでのお問い合わせはこちら
稲敷資料館日々抄
  • 市議会
  • 例規集
  • 広報稲敷
  • 施設・観光マップ
  • 求人情報
  • ブログ
  • リンク集
  • 情報配信メール
  • お問い合わせ
いなしき宝ブログ

稲敷市twitter
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る