本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 税金
  4. 市税の全期前納報奨金制度一部改正

暮らし

市税の全期前納報奨金制度一部改正

市税の全期前納報奨金制度が一部改正されました。

 

前納報奨金制度とは

戦後の不安定な経済状況のなか,税収の早期確保と自主納税の意欲意識の向上を目的として昭和25年に創設されたもので,第1期の納期限内に年税額を一括して納付した場合に報奨金を交付するものです。

改正内容

市県民税・・・・平成26年度から廃止されます。

固定資産税・・・平成26年度から限度額10万円から5万円に改正されます。

         平成27年度から交付率が1%から0.5%に改正されます。

改正の理由

  コンビニ納付や口座振替制度により,納税意識の高揚など創設された当初の目的が達成されたこと。

  市県民税において,特別徴収(給与、年金からの天引き)では制度の利用を受けられず普通徴収との不公平感があること。

  削減した財源を市民サービスの向上に活用するため。

 

< 口座振替で一括払いの方へ >

今まで通り一括で引き落としする場合には手続きは必要ありませんが,市県民税の前納報奨金が廃止になることに伴い,期別払いに変更する場合には申込金融機関で第1期の納期限(市県民税は6月末)の1ヶ月前までに変更手続きが必要になります。

 

※納税者の皆様には,制度の改正にご理解を頂くとともに,今後におきましても市税の納期内における納付にご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る