本文へ移動する

市政

h270424_状況

平成27年4月24日現在
【庁舎棟】

・基礎工事(土留配筋施工中、土留コンクリート打設中、基礎部分コンクリート打設完了)
・免震装置設置
・鉄骨工事


公用車庫・防災倉庫棟】
・基礎工事(埋戻し中)

 
【全景】
平成27年4月20日
(擁壁も着々と進んでいきます。)
『h270420_庁舎全景』の画像 


【鉄骨工事】
平成27年4月21日
(いよいよ鉄骨が組まれていきます。この鉄骨は免震装置の上にのっています。)
『h270421_庁舎棟鉄骨工事』の画像

【公用車・防災倉庫棟全景】
平成27年4月16日
(埋戻しが進んでいます。)
『h270420_公用車車庫防災倉庫棟全景』の画像

【免震装置紹介】
当庁舎は免震構造の建物です。今回は庁舎を支える免震装置をご紹介いたします。

【免震装置(すべり支承)】
平成27年4月24日
・昭和電線デバイステクノロジー株式会社製
・大臣認定番号「MVBR-0435」
 すべり支承は建物が揺れた際に中央部分の丸い部分がプレートの上をすべる免震装置です。
 ※べニア部分の下には金属製のすべり板が隠されています。現在は傷防止のため養生中です。
 ※丸い部分から四方に伸びる金属のリボン状のものも同様の理由です。
『h270424_免震装置(弾性すべり支承)_昭和電線MVBR-0435』の画像

 

【免震装置(弾性積層ゴム)】
平成27年4月24日
・昭和電線デバイステクノロジー株式会社製
・大臣認定番号「MVBR-0405」
 積層ゴム支承はゴムが変形することによって揺れを建物に伝えないようにする免震装置です。
 ※白い腹巻のような物は養生用のシートです。実際はこの中にゴムがあります。
『h270424_震装置(天然ゴム系積層ゴム支承)_昭和電線MVBR-0405』の画像


【免震装置(鉛プラグ入り積層ゴム支承)】
平成27年4月24日
・オイレス工業株式会社製
・大臣認定番号「MVBR-0355」
 積層ゴム支承はゴムが変形することによって揺れを建物に伝えないようにする免震装置です。
 この積層ゴム支承はさらに中心部分に鉛のプラグが入っておりこれが揺れを軽減する働きをします。
 ※白い腹巻のような物は養生用のシートです。実際はこの中にゴムがあります。
『h270424_免震装置(鉛プラグ入り積層ゴム支承)_オイレスMVBR-0355』の画像

 

【撮影位置】
『h270424_撮影位置』の画像



前の状況(平成27年4月16日)                    次の状況(平成27年5月1日)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは公共施設再編室(管財課内) 庁舎建設係です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表) ファックス番号:029-892-0906(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る