本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 届出・登録・証明
  4. マイナンバー(社会保障・税番号制度)
  5. 個人番号(マイナンバー)カードの交付が始まりました

暮らし

個人番号(マイナンバー)カードの交付が始まりました

<重要なお知らせ!>

 マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘および個人情報の取得にご注意ください。

 マイナンバー制度をかたった不審な電話、メール、手紙、訪問等には十分注意し、

 内容に応じて、相談窓口をご利用ください。

 

  詳しくは、こちら(外部リンク)

『詐欺注意1』の画像

 

 平成27年度から全国一斉に導入された個人番号(マイナンバー)制度の、個人番号カード交付についてお知らせします。

 

 ○個人番号(マイナンバー) 

 ・住民票を有する国民のみなさん一人ひとりに12桁の個人番号(マイナンバー)が付番されます。

 

 ○通知カード及び個人番号カード交付申請書

 ・平成27年10月14日から11月30日までの間に、世帯主宛で世帯全員分の通知カードを郵送しました。

 ・通知カードは、紙製です。

 ・個人番号カードの申請書の返信用封筒及び説明書も同封されます。

 ※通知カードを確実にお受け取りいただくためのお願い

  今のお住まいと住民登録の住所が異なる方、またはアパート等にお住まいで居室番号の届出がお済みでない方は、

  お住まいの市町村で住民登録の異動(変更)の手続きをお願いします。

 

 ※通知カード・個人番号カードに関する情報については、個人番号カード総合サイトで随時紹介しています。

 

  個人番号カード総合サイト(新しいウインドウで開きます)

 

『通知カード及び個人番号カード交付申請書』の画像

                               (表面)                    (裏面)

 ・通知カードは顔写真がないため、身分証明書としては使用できません。

 ・なお、後述の個人番号カードの交付を受けるときは、通知カードを市区町村に返納しなければなりません。

 ・個人番号(マイナンバー)は、漏えいなどにより不正に使われるおそれがある場合を除いて、番号は一生変更されません。

 ・個人番号(マイナンバー)は、適切に管理してください。

(例)次のような場面で使います。

『『『番号制利用例』の画像』の画像』の画像

(出典:内閣官房・内閣府制作マイナンバー広報資料)

 

 ○個人番号カード 

 ・個人番号カードは、顔写真付きICカードで、取得は任意です。

 ・上記の通知カードと合わせて、個人番号カードの交付申請書類が送付されます。

 ・本人確認のための身分証明証として使えるほか、様々なサービスに利用できる予定です。

 ・平成28年1月より、交付が始まり、表面に基本4情報(住所・氏名・性別・生年月日)と顔写真、裏面に個人番号が記載されます。

    『番号カード表』の画像『番号カード裏』の画像

          個人番号カード(表面)            個人番号カード(裏面) 

 

 ・初回発行手数料は、無料です。(電子証明書含む)

 ・e-Tax(イータックス)などの電子申請が行える電子証明書が標準で使用できるようになります。

 ・20歳以上の方の有効期間は、発行後10回目(20歳未満の方は5回目)の誕生日までとなります。

(注意)住民基本台帳カードをお持ちの方が個人番号カードを取得する場合は、住民基本台帳カードとの重複所持はできなくなります。

    手続きの際、住民基本台帳カードを返却していただきます。

 

○個人番号カードの交付申請及び交付方法

 ・平成28年1月から、希望される方に個人番号カードの交付を開始しました。

 ・個人番号カードの交付申請書は、平成27年10月以降に届いた通知カードと一緒に送付しております。

 ・個人番号カードの申請は、任意になります。

 ・個人番号カードを希望される方の交付申請及び交付方法は、

 1つの方法として、

  申請書を郵送し、マイナンバーカードを市役所窓口で受け取る方法があります。

   (個人番号カードの交付申請書を地方公共団体情報システム機構(J-LIS(ジェイリス))へ郵送(返送)し、

    後日、出来上がった個人番号カードを市役所の窓口で受け取ります。)

 

    その他の申請方法・詳しい内容については、こちら(コンビニ交付・マイナンバー申請チラシ)

 

 (注意)市役所の窓口に来庁された際に、身分証明書等によりご本人様確認をさせていただきます。

     また、個人番号カードの申請や発行により窓口が混雑する事が予想されますので手続きはお早めにお願いします。

     なお、カード交付についてさらに周知すべきものがあれば、今後お知らせします。

 

住民基本台帳カードにおける公的個人認証サービス利用時の注意

 ・住民基本台帳カードにおける公的個人認証サービスの更新手続きは

   平成27年12月22日の午後5時までとなり、これ以降の更新はできませんのでご注意ください。

 ・e-Tax(イータックス)など引き続き公的個人認証を利用したい場合には、住民基本台帳カードを個人番号カードに切り替える必要があります。

 

マイナンバー制度に関するお問い合わせ

マイナンバー制度に関する詳しい内容のお問い合わせは、下記のマイナンバーコールセンターにお願いします。

『コールセンター2』の画像

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民窓口課です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る