本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 生活環境
  4. 空き家等の適正管理について

暮らし

空き家等の適正管理について

空き家等の適正管理に関する条例の施行

 平成27年4月1日から「稲敷市空き家等の適正管理に関する条例」が施行されました。この条例は空き家等が管理不全な状態になることを防止し、市民の安全で安心な生活の確保と良好な生活環境の保全を図ることを目的としています。

空き家等所有者の責務

 空き家等は個人財産であることから、所有者等が当該空き家等を管理不全な状態にならないように管理する義務と責任があります。周囲の安全と生活環境の保全のために所有者等へ求められる措置として以下の例が挙げられます。 

  1. 倒壊の危険を防止する措置               『空き家』の画像
  2. 敷地内の資材等が飛散等しないように整理整頓   
  3. 火災若しくは犯罪を誘発する状態の回避措置
  4. 朽ちた立木の伐採
  5. 立木の枝葉が隣家に及ばないよう剪定
  6. 繁茂した雑草等の除草               

                         など 

空き家等に対する市の対応

  市民からの情報提供などにより、適正な管理がされていない空き家等があると認められた時は、市は調査をした上で所有者等に対して助言や指導を行います。近隣に空き家等がございましたら、危機管理課へ情報提供をお願いします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは危機管理課 空き家対策係です。

稲敷市役所 3階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る