本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 市政
  3. 人口減少対策
  4. 稲敷市若年夫婦及び三世代同居マイホーム取得支援助成制度

市政

稲敷市若年夫婦及び三世代同居マイホーム取得支援助成制度

 稲敷市では平成28年4月から、若い夫婦や子育て世帯の方の転入・定住促進を目的として、また子どもを安心して産み育てられる環境づくりや家族の絆づくりを推進するため、市内でのマイホームの取得を行い三世代同居となる世帯については、従来の若年夫婦マイホーム取得支援助成金に額が上乗せされ、最大140万円の交付をいたします。
 

【助成対象】

次のすべてにあてはまる方

 (1)平成28年4月1日から平成32年3月31日までの間に市内で新築住宅を取得した40歳未満の夫婦世帯
    (夫婦いずれかが40歳未満であれば対応)

 (2)申請時に定住しており、世帯全員が市税(国民健康保険税を含む)に滞納がないこと

 (3)専用住宅にあっては床面積、併用住宅においては専ら自己の居住の用に供される部分の床面積が60平方メートル以上であること

 ※ 上記の他、細かな要件がございますので、担当部署へお問い合わせください。


【申請期限】

住宅の取得日から1年以内


【助成内容】

下表のとおり

世帯の種別 助成金の額
  若年夫婦世帯  20万円
  若年夫婦世帯かつ子育て世帯  60万円
  若年夫婦世帯かつ転入世帯  60万円
  若年夫婦世帯かつ子育て世帯かつ転入世帯 100万円
  若年夫婦世帯かつ子育て世帯かつ三世代同居世帯 100万円
  若年夫婦世帯かつ子育て世帯かつ転入世帯かつ三世代同居世帯 140万円

※ 助成の交付対象は1世帯につき1回、1住宅限り。 

※ 若年夫婦世帯とは、住民基本台帳に記載されている世帯で、取得日の属する年度の4月1日において、本人又はその配偶者が40歳未満である世帯
  をいう。

※  子育て世帯とは、住民基本台帳に記載されている世帯で、取得日の属する年度の4月1日において、未就学の子(妊娠13週目以降の場合を含む。
  )と同居し、養育している世帯又は交付申請時において、未就学の子(妊娠13週目以降の場合を含む。)が属する世帯をいう。

※  転入世帯とは、住民基本台帳に記載されている世帯で、その世帯に属するすべての者が転入したものをいう。
     また、住宅の取得日から2年以内の転入で、転入日から起算して過去2年間、市の住民基本台帳に記載されていないこと。

※ 三世代同居世帯とは、若年夫婦世帯でかつ子育て世帯とその若年夫婦世帯の親が属する世帯が、市内で同居及び市内の別の住宅に居住する世帯をい
  う。


【提出書類】

下記の書類を添えて提出してください。

 (1)稲敷市若年夫婦及び三世代同居マイホーム取得支援助成金交付申請書(様式第1号

 (2)当該住宅に居住する者の住民票の写し(発行日から1ヶ月以内のもの)

 (3)助成対象住宅に係る建物登記簿の全部事項証明書(発行日から1ヶ月以内のもの)

 (4)建築確認済証の写し

 (5)建築完了検査済証の写し

 (6)当該住宅の工事請負契約書又は売買契約書の写し

 (7)稲敷市若年夫婦及び三世代同居マイホーム取得支援助成金交付・評価に係る調査同意書(様式第2号

 (8)その他市長が必要と認める書類


◎三世代同居に伴う助成金の交付を受けようとする方は、次の書類についても提出願います。

 (1)親世帯の住民票の写し(発行日から1ヶ月以内のもの)

 (2)助成金を受けようとする40歳未満の本人及びその配偶者の戸籍全部事項証明書(発行日から1ヶ月以内のもの)

 (3)親世帯の構成員に係る稲敷市若年夫婦及び三世代同居マイホーム取得支援助成金交付・評価に係る調査同意書(様式第2号


【提出先】

稲敷市政策調整部政策企画課 人口減少対策室(庁舎3階)

※ 申請受付は、人口減少対策室のみとなります。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは人口減少対策室 人口減少対策係です。

稲敷市役所 3階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表) ファックス番号:029-892-0906(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る