本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 市政
  3. 男女共同参画
  4. 稲敷市男女共同参画計画

市政

稲敷市男女共同参画計画

稲敷市男女共同参画計画 策定の趣旨

 我が国では、男女共同参画社会の実現を21世紀の最重要課題の一つとして位置づけ、平成11年(1999)に「男女共同参画社会基本法」が制定されました。 

 この「男女共同参画社会基本法」では、男女共同参画について、「男女が、対等な構成員として、自ら意志によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うこと」と定義しています。 

 この法律では、男女共同参画社会の実現に向けて、社会のあらゆる分野における取り組みを総合的、計画的に推進していくため、基本法に基づく「男女共同参画基本計画」の策定について、第13条では国に、第14条では都道府県に義務づけられており、市町村においても、第14条で努力規定として「男女共同参画基本計画」の策定が明記されています。

 

  稲敷市においても、平成19年3月に「稲敷市男女共同参画計画」を策定し、各種事業に取り組みながら推進を行ってきましたが、この間、少子高齢化の進展や経済の低迷、雇用環境の悪化などとともに、生活様式の変容や多様化など、市民を取り巻く環境が変化し、女性はもとより、子ども、高齢者、男性にとっても多様な生き方を可能にする社会環境が求められ、より一層の意識づくりや環境づくりが必要となりました。

  稲敷市では、こうした状況を踏まえ、一人ひとりがその個性や能力を発揮できるまちづくりを目指し、市民・企業・学校・行政が一体となって男女共同参画社会の実現を推進するための施策の基本的な方向性を示す指針として、平成25年3月に「第2次稲敷市男女共同参画計画」を策定し、男女共同参画社会の実現に取り組み推進してきました。

  この度、「第2次稲敷市男女共同参画計画」が平成28 年度で終了することから、本市における男女共同参画の現状や課題について整理するとともに、現行計画の評価を踏まえ、新たな視点を加えた取り組みを示し、平成29年度から平成33年年度までの5年間を計画期間とし、「第3次稲敷市男女共同参画計画」を策定しました。 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民協働課 男女共同参画推進係です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る