1. ホーム>
  2. いきいき茨城ゆめ国体2019 稲敷市>
  3. 稲敷市開催競技>
  4. 稲敷市での開催競技および競技会場

稲敷市開催競技

稲敷市での開催競技および競技会場

正式競技・デモンストレーションスポーツ(1競技)

トランポリン

会場

江戸崎総合運動公園 体育館

開催時期

【正式競技】

2019年9月8日(日)

【デモンストレーションスポーツ】

2019年6月30日(日)

競技概要

トランポリン競技について(About Trampoline Competition)

縦520cm、横305cm、高さ115cmのフレームに、ナイロンテープまたはロープで編まれたベッドを約120本のスプリングを張った競技専用トランポリンを使用します。演技は10種目の異なる技で構成され、特別要求を含む第1自由演技と、第2自由演技の合計得点により予選を競い、12名が決勝に進出します。決勝進出者は、持点0点で再度第2自由演技で1回行って最終順位を決定します。
 演技の開始は予備ジャンプ(垂直ジャンプ)で徐々に高さを上げ、1種目目を行ってから連続で10種目を行い最後に着地をして終了となります。また、技を連続できなかった場合や、ベッド以外のマットなどに身体が触れたり、ベッド外に落下した場合は中断となり、やり直しはできずその時点で演技は終了となります。

第1自由演技

特別要求を満たす必要があり、演技点・跳躍時間点・移動点および選手が申請した4種目の難度点が追加される。

第2自由演技

任意の異なる10種目で構成され、演技点・跳躍時間点・移動点および10種目すべての難度点が追加される。

見どころ

演技は、(1)安定した高さ(2)フォームの美しさ(3)移動(トラベリング)しない安定さの観点から採点されます。トランポリンの醍醐味である高さを上げれば逆にバランスを失い、フォームの乱れやトラベリングが生じやすくなります。また、自由演技では難度点が加算されるため、より高難度の技にチャレンジするほど難度点が高くなる半面、不安定になり、高い演技点が得られにくくなります。したがって、選手はこの両方の得点バランスを考慮しながら自分に合った自由演技種目を構成して、より高く、より高難度に挑みます。

採点方法

E得点

E得点は、その演技の出来栄え(姿勢・こなし・安定感など)を採点します。6名の演技審判員(E1~E6)が採点を行い、各種目の最低減点と最高減点をカットしていき、中間の2つの減点を採用します。それを10種目分行った上で減点の合計を20点から差し引いて演技点を算出します。

D得点(難度点)

D得点は、各種目の回転数、捻り、姿勢によって算出されます。2名の難度審判員(D1・D2)が採点を行います。

T得点(跳躍時間点)

跳躍時間点は、跳躍時間測定器=Time Measurement Device(TMD)という機械を使用し、1/1000秒まで計測します(移動減点の機会が導入される場合は、同時に跳躍時間点も計測される)。トランポリンのベッドが沈んでいない時間(選手が宙に浮いている時間)を、センサーを用いて計測し、1秒1点としてそのまま得点に反映されます。

H得点(移動減点)

H得点は、ベッド上にひかれた赤いラインを基に、各種目の着地の場所によって減点が異なります。選手が実施した10種目すべての減点を合計し、10.0点から引いた点数がH得点となります(機械での計測はそのままの得点が採用され、機会を導入しない場合は2名のH審判の平均点が採用されます)。

『『『トランポリン採点ベッド』の画像』の画像』の画像

※移動による減点(H得点)と各ラインの寸法

地図を見る:江戸崎総合運動公園

※別ウィンドウで地図が表示されます。

施設:江戸崎総合運動公園
荒沼3-1

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国体推進室(生涯学習課内)です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000 ファックス番号:029-893-0388

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る