本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 交通・道路
  4. 飲酒運転を根絶しましょう

暮らし

飲酒運転を根絶しましょう

飲酒運転は、単なる交通違反ではなく、悪質な犯罪です

 飲酒運転で失うものは計り知れません。事故によって被害者の「大切な命」を奪うとともに、その家族の人生を一瞬で変えてしまうだけでなく、行政処分や刑罰を受けることにより「社会的地位」「財産」などを失って、運転者本人はもちろん、本人の家族の人生も変えてしまうなど、取り返しのつかない結果となります。後になって、飲酒運転の代償が大きいことに気付くのでは遅いのです。

飲酒運転をなくすための約束

(1)お酒を飲んだら運転しない

『飲酒運転(4)』の画像

 運転者はお酒を飲んだら運転せず、公共交通機関や運転代行を利用すること。
 運転するならお酒を絶対に飲まず、アルコールを含んでいない飲み物にすること。
 また、飲酒運転を避けるために、自動車で飲食店に行かないなどの対策を取りましょう。

 

 

 

 

(2)運転する人にはお酒を飲ませない

『飲酒運転(1)』の画像

 運転する可能性のある人にはお酒を勧めたり、飲ませたりしないこと。

 

 

 

 

 

(3)お酒を飲んだ人には運転させない

『飲酒運転(3)』の画像 飲酒した人は絶対に運転させないこと。
 飲酒運転の車に同乗しないこと。
 飲食店側では飲酒運転防止のため、帰りの交通手段を確認するなどの対策も取ってください。

 

 

 

飲酒運転は絶対にしない、させない!

 飲酒運転が非常に危険な行為であることを十分理解したうえで、運転者とその周囲の人が、飲酒運転は「しない!」「させない!」という強い意志を持ち、飲酒運転を根絶しましょう。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは危機管理課 交通防犯係です。

稲敷市役所 3階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表) ファックス番号:029-893-1571

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る