本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 稲敷市地域包括支援センター
  3. 認知症サポーター養成講座のご案内

稲敷市地域包括支援センター

認知症サポーター養成講座のご案内

〇 「認知症サポーター」とは

・何か特別なことをするわけではありません。
・認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かく見守る支援者として、
 自分のできる範囲で活動します。
・自分自身の問題と認識し、友人や家族に学んだ知識を伝えること、認知症の人やその家族の気持ちを
 理解しようと努めることもサポーターの活動です。
・全国で1000万人以上(平成30年3月末現在)の方が認知症サポーターになっています。

〇 認知症サポーターになるためには

・認知症サポーター養成講座を受講した人が「認知症サポーター」となり、「認知症の人を支援します」
 という意思を示す目印の「オレンジリング」が渡されます。

〇 認知症サポーター養成講座を開催することもできます!

・どなたでも、認知症サポーター養成講座開催を依頼することができます。
・地域の集まり、企業や団体、小学校、中学校、高校、専門学校でも主催する催しに、講師が出向いて実施する
 こともできます。

注:認知症サポーター養成講座開催を希望する場合は、開催希望日の1ヵ月以上前にご相談
 ください。

 

〈講座の依頼・問い合わせ先〉

  稲敷市高齢福祉課 地域包括支援センター 

  電 話:029-834-5353(直通)
 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域包括支援センター(高齢福祉課内)です。

〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

スマートフォン用ページで見る