本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 住宅
  4. 木造住宅耐震改修促進事業

暮らし

木造住宅耐震改修促進事業

木造住宅耐震化推進補助交付事業

市は、大地震による家屋倒壊被害を防ぐため、耐震改修計画、耐震改修工事を行う場合に、予算の範囲内でその費用の一部を補助します

  • 耐震改修計画とは
    耐震診断で「倒壊する可能性がある」と判定された場合、倒壊しないためにどこをどのように改修するか計画を立てることです。
  • 耐震改修工事とは
    耐震改修計画に基づき耐震改修工事を行うことです。
【対象住宅】

次に掲げる要件のいずれにも該当する市内の既存木造住宅とし、所有者自らが居住している住宅とする。

  1. 建築物の延べ面積が30平方メートル以上であること。
  2. 兼用住宅にあっては、住宅以外の用途に供する部分の床面積が当該兼用住宅全体の床面積の半分を超えないものであること。
  3. 耐震改修計画を行う場合にあっては、一般耐震診断(木造耐震診断士派遣事業(無料)(新しいウインドウで開きます))における上部構造評点が1.0未満と診断されたもので、耐震改修計画策定後の上部構造評点が1.0以上になる住宅であること。
  4. 耐震改修工事を行う場合にあっては、上部構造評点が1.0以上になるよう耐震改修計画が策定されたもので、耐震改修工事後に上部構造評点が1.0以上になる住宅であること。
  5. 離れ、物置等の附帯建築物でないこと。
  6. 所有者が市税を滞納していないこと。
【補助費用と募集件数】

1棟あたりの補助金額は、耐震改修計画・耐震改修工事それぞれ下記のとおりです。
 ・耐震改修計画:費用の3分の2以内(限度額100,000円):5戸 
 ・耐震改修工事:費用の23%以内(限度額300,000円):5戸

【募集期間】

令和元年9月30日(月)まで

【申込書配布および申請先】

都市計画課、各地区センター、東支所に申込書を提出。

【その他】

(1)悪質な業者の勧誘にご注意ください。
(2)派遣決定通知を受け取られた方以外のお宅に市が診断士を派遣することは一切ありません。
   また、派遣された耐震診断士は、営業活動を行うことはありません。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市計画課です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る