本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 市政
  3. 市政のお知らせ
  4. 改元に伴う元号による年表示の取扱いについて

市政

改元に伴う元号による年表示の取扱いについて

 本市で作成する文書の日付や年度については、原則として和暦を使用しています。

 4月1日に新元号が発表され、5月1日から元号が「令和」になります。改元に伴う文書等の年表示の取り扱いについてお知らせします。

 

 ○改元前

  本年4月30日までに本市が作成した文書等については、改元日(5月1日)以降の日付についても「平成」と表示します。

   例:平成31年6月1日、平成32年3月31日

 

 ○改元後

  改元日(5月1日)以降に本市で作成する文書等については、「令和」と表示します。

   例:令和元年6月1日、令和2年3月31日

 

 

※旧元号「平成」が表示された文書等の効力について

 

 旧元号「平成」が表示された本市からの文書等(許可証、証明書、納付書、契約書等)については、改元後においても法律上の効果は変わりませんので、改元日(5月1日)以降においても有効なものとして取り扱います。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る