本文へ移動する

暮らし

不育症治療費助成

平成31年4月より不育症治療の一部助成が開始します

特定不妊治療・一般不妊治療費の助成事業に加え、平成31年4月1日から不育症の検査及び治療に要した費用(保険診療適用外)の一部を助成します。稲敷市の支援については以下の通りです。

対象者

2回以上の流産等により、医師に不育症と診断され、不育症にかかる検査及び治療をうけた夫婦(法律上の婚姻をしている)で

○夫婦とも、申請の1年前から稲敷市に住所を有する方

○不育症検査の開始日において、妻の年齢が43歳未満の方

○市税を滞納していないこと

対象になる検査・治療

不育症に係る保険診療適用外の検査及び治療

※食事代、入院費、文書料、個室料等の治療に直接関係しない費用は対象になりません。
助成額・回数

不育症の検査及び治療に係る保険適用外治療について、1年度あたり5万円を上限に、1回助成します。ただし、助成対象費用が5万円に満たないときは、当該費用の額とします。

申請方法

次の申請書類及び印鑑(認印)、健康保険証(夫婦それぞれ)をご持参のうえ1年度分について、3月までに健康増進課窓口へ申請してください。

○稲敷市不育症治療費助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)

○稲敷市不育症治療費医療機関受診証明書(様式第2号)※4月診療分から主治医に記入してもらってください。

○不育症の検査及び治療を受けた医療機関が発行する領収書

○法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明する書類(戸籍の全部事項証明書)ただし、様式第1号にて、確認事項に同意され本市で確認できる場合は省略可

問い合わせ及び申請先

稲敷市江戸崎甲1990

稲敷市健康増進課 TEL 029-840-5170  

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(稲敷市保健センター)です。

稲敷保健センター内 〒300-0504 稲敷市江戸崎甲1990番地

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る