本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 災害関連情報
  3. 緊急情報(台風15号)
  4. 被災者住宅復旧緊急支援事業

災害関連情報

被災者住宅復旧緊急支援事業

令和元年台風第15号により被災した住宅の復旧工事費用を補助します。
制度の概要

令和元年9月9日に上陸した台風第15号により、屋根や外壁など住宅に被害を受けた方を支援するため、住宅の復旧工事費用に対して補助金を交付します。

補助の対象

台風により屋根又は外壁が被災した市内に存する住居で、市が交付した罹災証明書の判定結果が半壊又は一部損壊(一部破損を含む。)であるもの。

補助対象者

1.本人又は親族が所有し、災害発生時に本人又は親族が居住していた住宅の復旧工事を行う方。

2.市税を滞納していない方。

3.自らの資力のみでは住宅の復旧工事をすることができない方。

補助対象工事

1.屋根又は外壁等の復旧工事、及び窓や天井等の復旧工事。

2.復旧工事に要する費用(消費税及び地方消費税を含む)が10万円以上のもの。

3.復旧工事が令和2年2月末までに完了することが見込まれること。

※令和元年9月9日以降に着手したもので、既に復旧工事が完了しているものを含む。

※申請は1回限りです。複数の業者に依頼した場合はまとめて申請して下さい。

補助金の額

住宅の復旧工事に要する費用の10分の2の額又は50万円のいずれか低い額

※補助金の額に1,000円未満の端数が生じた場合は切り捨てとなります。

申込期間・場所

令和元年12月23日(月)~12月27日(金)

令和2年1月6日(月)~2月14日(金)

申請場所については別添の「日程・会場」を参照し、お間違いのないようご注意ください。

申請時に必要な書類

1.被災住宅復旧緊急支援事業補助金交付申請書(様式第1号)

2.復旧工事前の住宅の被災状況が分かるカラー写真

3.復旧工事の見積書(別紙1)及び工事業者の見積書

4.稲敷市が発行した罹災証明書の写し(令和元年台風15号に係るもの)

5.耐震性の向上等に資する工事であることの確認書(別紙2)

  ※屋根又は外壁等の復旧工事を行う場合

6.資力に関する申出書

7.市税に滞納がないことを明らかにする書類(未納のないことの証明書)

※申請時には印鑑をご持参ください。

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは危機管理課です。

稲敷市役所 3階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る