本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 健康・医療
  4. お知らせ
  5. 子宮頸がん予防ワクチンについて

暮らし

子宮頸がん予防ワクチンについて

 子宮頸がん予防ワクチン接種については、平成25年4月1日から予防接種法に基づき定期予防接種として実施しているところですが、厚生労働省から「副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を差し控える」との通知を受けて、同年6月14日から積極的な接種勧奨が差し控えられています。
 そのため、稲敷市では、子宮頸がん予防ワクチンの勧奨通知や予診票の送付等は行っておりませんでした。
 しかし、あくまでもワクチンの接種を積極的に勧める案内を控えている状況であり、ワクチンの接種自体を控えるものではないことから、接種を希望される方は、定期接種として予防接種が受けられます。厚生労働省のリーフレット『HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ』をご覧いただき、予防接種を希望される場合は稲敷市役所健康増進課の窓口にお越しください。

1.対象者

接種時に稲敷市に住民登録がある 小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子
(令和2年度においては、平成16年4月2日から平成21年4月1日生まれ)

2.接種期間

小学校6年生の4月1日から高校1年生相当になる年度の3月31日まで

※例えば、現在高校1年生相当年齢の方は令和3年3月31日までとなります。

※通常、全3回の接種の完了までには約6か月の期間がかかります。

3.接種方法

(1) 保護者が母子健康手帳を持参し、稲敷市役所健康増進課窓口に来庁し、予診票を受け取る。
(2) 契約医療機関lに直接予約をする。※
(3) 医療機関で同じワクチンの種類の予防接種を3回受ける。

※契約医療機関に関しては下記の医師会のホームページをご参照ください。

県内協力医療機関(茨城県医師会ホームページ)

4.接種スケジュール

どちらも子宮頸がんに大きく関与している16型・18型を含むワクチンです。接種方法は筋肉内注射ですが、ワクチンの種類によって、接種間隔が異なります。

ワクチンの種類 回  数  標準的な接種間隔 
サーバリックス(2価) 3回

2回目:1回目の接種から1か月後

3回目:1回目の接種から6か月後

ガーダシル(4価) 3回

2回目:1回目の接種から2か月後

3回目:1回目の接種から6か月後

5.接種料金

接種対象者年齢であれば無料で接種できます。
※期限を過ぎると全額自己負担となります。(1回約16,000円程度)

6.接種の際に必要なもの

(1)母子健康手帳
(2)予診票(保護者が記入してください)

7.注意事項

(1)この予防接種による期待される効果や、予想される副反応等について、接種を受ける本人もよく理解して受けてください。ご不明な点はかかりつけ医(接種医療機関)にお尋ねください。

(2)13歳以上の場合、保護者の署名記入により、お子さまだけでの接種も可能ですが、急な体調変化を来たす恐れもあるため、保護者の同伴をお勧めします。

関連ホームページ

 厚生労働省「ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)」トップページ

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る