暮らし

不育症治療費助成

平成31年4月より不育症治療の一部助成が開始します

特定不妊治療・一般不妊治療費の助成事業に加え、平成31年4月1日から不育症の検査及び治療に要した費用(保険診療適用外)の一部を助成します。稲敷市の支援については以下の通りです。

対象者

2回以上の流産等により、医師に不育症と診断され、不育症にかかる検査及び治療をうけた夫婦(法律上の婚姻をしている)で

○夫婦とも、申請の1年前から稲敷市に住所を有する方

○不育症検査の開始日において、妻の年齢が43歳未満の方

○市税を滞納していないこと

対象になる検査・治療

不育症に係る保険診療適用外の検査及び治療

※食事代、入院費、文書料、個室料等の治療に直接関係しない費用は対象になりません。
助成額・回数

不育症の検査及び治療に係る保険適用外治療について、1年度あたり5万円を上限に、1回助成します。ただし、助成対象費用が5万円に満たないときは、当該費用の額とします。

申請方法

次の申請書類及び印鑑(認印)、健康保険証(夫婦それぞれ)をご持参のうえ1年度分について、3月までに健康増進課窓口へ申請してください。

○稲敷市不育症治療費助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)

○稲敷市不育症治療費医療機関受診証明書(様式第2号)※4月診療分から主治医に記入してもらってください。

○不育症の検査及び治療を受けた医療機関が発行する領収書

○法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明する書類(戸籍の全部事項証明書)ただし、様式第1号にて、確認事項に同意され本市で確認できる場合は省略可

上記助成に関する問い合わせ及び申請先

稲敷市江戸崎甲1990

稲敷市健康増進課 TEL 029-840-5170  

参考外部サイト

〇Fuiku-Labo(フイクーラボ)(新しいウインドウで開きます)

厚生労働省研究班から、不育症についてのホームページが公開されています。不育症についての検査や治療、Q&Aなどが掲載されています。

〇不妊専門相談センター(新しいウインドウで開きます)

各都道府県、指定都市、中核市が設置している不妊専門相談センターでは、不妊に悩む夫婦に対し、不妊に関する医学的・専門的な相談や不妊による心の悩み等について医師・助産師等の専門家が相談に対応したり、診療機関ごとの不妊治療の実施状況などに関する情報提供を行っています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(稲敷市保健センター) 母子保健係です。

稲敷市ふれあいセンター内 〒300-1411 稲敷市伊佐津3239番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら