暮らし

緊急事態宣言解除を受けての市長メッセージ

 5月14日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき全国に発令されていた緊急事態宣言が、茨城県を含む39県で解除されました。

 市民のみなさま、そして事業者のみなさまには、不要不急の外出や営業の自粛などにご協力をいただき、心より感謝を申し上げます。

 しかしながら、緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症が終息したわけではございません。これまで、市内での感染者は発生していない状況が続いておりますが、第2波、第3波の感染拡大が危惧されております。

 市民のみなさま、そして事業者のみなさには、引き続き一定の自粛や制限をお願いすることになりますが、市民生活の安心・安全を第一に考え、市一丸となって、この難局を乗り切って参りたいと考えておりますので、引き続き、市民のみなさま、事業者のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年5月15日

稲敷市長 筧 信太郎