本文へ移動する

暮らし

老齢基礎年金

年金は、受ける資格があっても本人の請求がなければ支給されません。

65歳になったとき
老齢基礎年金は、保険料を納めた期間が、10年以上ある人(保険料免除期間を含む)が、65歳になったときから受けられる年金です。(平成29年8月~)
支給を受けるために 必要な期間は
1.国民年金保険料を納めた期間(第3号被保険者期間、保険料免除期間及び学生納付特例期間を含む)
2.任意加入できる人が加入しなかった期間(合算対象期間※カラ期間)
3.昭和36年4月以後の厚生年金や共済組合などの加入期間。
これらを合計して、原則として10年以上の期間が必要です。(平成29年8月~)
合算対象期間 (※カラ期間)とは
20歳以上60歳未満の期間で、次の期間をいいます。ただし年金額の計算には含まれません。
1.会社員や公務員の配偶者で昭和61年3月以前に国民年金に任意加入しなかった期間。
2.平成3年3月以前に20歳以上の昼間部の学生で、任意加入しなかった期間。
3.日本人で昭和36年4月以降海外に住んでいた期間で任意加入しなかった期間。
老齢基礎年金の年金額 (年額)
満額で
(平成29年4月~) 779,300円

この額は20歳から60歳になるまでの40年間(加入可能年数)すべての保険料を納めた場合です。保険料を納めた期間が40年に満たない場合は、その期間に応じて減額されることになり、次の計算式により計算されます。
 

上記金額 ×

(保険料納付月数)+(全額免除月数×2分の1)+(4分の1納付月数×8分の5)
+(半額納付月数×4分の3)+(4分の3納付月数×8分の7)
40年(加入可能年数)×12月
繰り上げ支給と繰り下げ支給
老齢基礎年金は、原則として65歳から受けられますが、希望すれば60歳以後いつからでも受けられます。ただし、64歳以前から受けると減額され、66歳以後から受ける場合は増額されることになります。なお一度、増額または減額された支給率は生涯変わりません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

稲敷市役所 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る