本文へ移動する

暮らし

遺族基礎年金

一家の働き手を失ったとき
遺族基礎年金は、国民年金の加入者や年金を受けられる資格のある人が亡くなったとき、その人に生計を維持されていた子(18歳未満・障害者は20才未満)のいる配偶者、または子が受けられる年金です。
支給を受けるためには
次の1.~4.のいずれかの該当する人が死亡されたとき、支給されます。
1.国民年金に加入している人
2.国民年金に加入していた60歳以上65歳未満で日本国内に住所のある人
3.老齢基礎年金の受給権者である人
4.老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人
ただし、1.と2.の場合は、死亡日の前々月までの加入期間のうち、保険料を納めた期間と免除期間を合算した期間が、保険料を納めていなければならない期間の3分の2以上あることが必要です。
※平成38年3月までは死亡日の前々月までの1年間に保険料の納め忘れがなければよいことになっています。
※遺族基礎年金の「子」とは、18歳に達する年度末までの間の子(障害者は20歳未満)のことをいいます。
遺族基礎年金の年金額(年額)
子のある配偶者が受ける場合は、子の加算額がプラスされます。
(平成29年4月~)779,300円+子の加算(※)
※子の加算額について
第1子、第2子(平成29年4月~)224,300円
第3子~(平成29年4月~)74,800円

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

稲敷市役所 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る