1. ホーム
  2. 緊急の情報>
  3. 新型コロナウイルス感染症関連情報>
  4. 事業者の方へ>
  5. 事業者への給付金>
  6. 医療機関、福祉施設等に対する稲敷市新型コロナウィルス感染症対策応援給付金支給事業について

緊急の情報

医療機関、福祉施設等に対する稲敷市新型コロナウィルス感染症対策応援給付金支給事業について

事業目的

稲敷市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐための対策を講じた医療機関、福祉施設等に対して、稲敷市新型コロナウィルス感染症対策応援給付金を支給し、施設の従業者を支援します。

交付概要

【交付対象施設(事業者)の要件

給付金の対象となる施設等は、市内に開設し、令和2年2月11日から給付金の申請を行う日までにおいて運営を行っている施設等であって、下記に該当するもの。

(1)医療法に規定する病院及び診療所

(2)老人福祉法に規定する老人福祉施設

(3)介護保険法に基づき、県又は市より指定、許可又は委任を受けた福祉施設及び事業所

(4)高齢者の居住の安全確保に関する法律に規定する、サービス付き高齢者向け住宅

(5)障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき、県又は市から指定又は委託を受けた施設及び事業所

(6)児童福祉法に規定する障害児通所支援事業所及び障害児相談支援事業所 

【給付金の支給金額

 給付金の支給額は下記のいずれにも該当する者の数に応じ、表1のとおりとする。

(1)施設等の利用者との接触を伴い、かつ、継続的に提供することが必要な業務を行うもの

(2)令和2年2月11日から令和2年6月30日までの間に施設等において通算して10日以上勤務したもの

   ただし、年次休暇、育児休暇等により実際に勤務していない場合は、勤務日として算入しない

 ※対象従事者が複数の支給対象施設に勤務している場合は、主に勤務する施設等のみで対象従業者の数に算入すること

表1

 対象従業者の数   給付金の支給額 
5人未満       50、000円
5人以上10人未満 100、000円
10人以上20人未満 200、000円
20人以上30人未満 300、000円
30人以上50人未満 500、000円
50人以上100人未満  1、000、000円
100人以上150人未満   1、500、000円
150人以上 2、000、000円

 申請方法

【必要書類】

(1)稲敷市新型コロナウィルス感染症対策応援給付金支給申請書兼請求書(様式第1号)

(2)対象従業者の名簿(茨城県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金又は茨城県新型コロナウイルス感染症対応介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金を申請している場合にあっては、当該慰労金の申請書に添付する代理申請・受領委任状等)

(3)その他市長が必要と認める書類 ※担当課にご確認下さい。

【申請受付期間】

令和2年9月7日(月)~令和2年12月25日(金) 

【申請書入手方法】

このページの下部より必要書類をダウンロードし、印刷してご使用ください。

もしくは、稲敷市役所各担当窓口にて様式の配布を行っております。

【申請書提出先及び連絡先】

申請先は各施設に応じ下記の通りです。 

対象施設 申請書提出先(担当課) 住所及び連絡先
病院及び診療所等  健康増進課 成人保健担当 

〒300-0595 茨城県稲敷市犬塚1570番地1

TEL029-892-2000(代)

※各担当まで

老人福祉施設及び事業所等   

サービス付き高齢者向け住宅

高齢福祉課 高齢福祉担当 

障害福祉サービス事業所

社会福祉課 障害福祉担当

※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、郵送での提出も可能といたします。 

【交付決定及び実績報告】

(1)申請書類を受理した後、その内容を審査の上、適正と認められるときは給付金を交付します。交付を決定したときは、後日、交付に関する通知を発送いたします。

(2)支給決定を受けた者は、支給を受けた日から3カ月以内に下記の書類を添えて、稲敷市新型コロナウイルス感染症対策応援給付金支援事業実績報告書(様式3号)を提出しなければなりません。

  ・新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ対策を行う従事者の支援に要した支出であることが分かるもの

  ・その他市長が必要と認める書類 ※担当課にご確認ください

(3)交付決定後、下記に該当した場合は、交付決定を取り消し、助成金の返金を求めます。

  ・偽りその他不正な手続きにより給付金の支給を受けたとき

  ・給付金を使用目的外の他の用途に使用したとき

  ・実績報告の結果支給を受けた給付金に残額が生じたとき

スマートフォン用ページで見る