本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 市政
  3. 主要な取り組み
  4. 人口減少対策
  5. 地域おこし協力隊
  6. 令和3年度 稲敷市地域おこし協力隊募集!

市政

令和3年度 稲敷市地域おこし協力隊募集!

 来年度の地域おこし協力隊を募集します。

 

『h31おこし募集ポスター』の画像

敷市は、茨城県の南部、千葉県との県境に位置しており、限りなく都会に近いけれど、自然の残る、ここにしかない風景の広がる田園地帯のまちです。

首都東京より60km圏、北には国際的な研究学園都市のつくば市、南には世界の玄関口である成田市があり、両市とのちょうど中間に位置し、これらの核都市とは首都圏中央連絡自動車道(圏央道)によりアクセスが向上しています。

しかしながら、近年、少子高齢化や個々の価値観により、住民同士のコミュニティが希薄になってきていることから、外からの視点で地域コミュニティを再生し、地域力の維持・強化を図る発想をお持ちの方を求めています。

 このため、稲敷市では都市地域の意欲あふれる人材に、外からの視点で地域活性化を起こしてもらいたいと考え、茨城県南地域では初めて地域おこし協力隊事業を導入しました。
 
 現在、3期生2名、4期生2名、5期生3名の計7名の隊員が各々の企画で事業を展開中です。

 来年度着任の、地域の魅力の再発見や、地域活性化の新たな展開を期待して「地域おこし協力隊員」を募集します。

『稲敷市地域おこし協力隊』の画像

<地域おこし協力隊活動について> こちらをご参照ください(新しいウインドウで開きます)

 

募集概要

活動概要  

(1)共通業務

   共通業務とは、隊員全員で行う業務で週1日程度の頻度を想定。

   (1)マスコットキャラクターの管理運営
   (2)お試し住宅の管理運営
   (3)移住定住サイトの管理運営

 (2)個別活動

   (1)新規就農を目指す農業研修者
   稲敷特産の江戸崎かぼちゃでの就農活動。隊員期間中は、技術習得のため、
   農家での農業研修が活動の中心。その他、農業イベントの補助など

   (2)歴史文化遺産を活用した魅力発信の推進
   市立歴史民俗資料館にて、稲敷市内の歴史や文化遺産の魅力を掘起し、
   ブログやSNSを通じて情報の発信を行う。また郷土資料調査員の調査研究の補助。
   ※要学芸員資格

   (3)事業承継隊員
   建築大工(木造建築士)育成支援事業
   市内の建築大工の元で、一定期間研修を行い、木造建築士の資格を取得して、
   建築大工としての起業(事業承継)が目標。

   (4)フリーミッション
   自分の能力を活かして地域の課題解消につながる活動。

集人員

 3名

募集対象

(1)地域おこし協力隊としての活動期間終了後も稲敷市に定住し、就業または起業しようとする意欲のある方

(2)現在、三大都市圏の都市地域(政令指定都市も含む)に居住しており、任用期間を通して生活拠点を稲敷市に移し、住民票を異動できる方

(3)心身ともに健康で誠実に勤務ができる方

(4)普通自動車運転免許証を所持し、実際に運転できる方

(5)パソコンの基本操作(ワード、エクセル、パワーポイント)及びインターネット、SNS等の知識を有し、容易に活用できる方

活動地域

稲敷市内(市外での活動もあり)

雇用形態

隊員の身分は、会計年度任用職員とし、稲敷市地域おこし協力隊設置要綱に基づき委嘱(任用)。

委嘱(任用)期間

令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

※ただし、各年度終了時に、活動に取り組む姿勢や、事業の成果等により、次年度への更新を判断し、最長3年まで延長します。

※正式決定は、予算成立後となります。

報酬等

(1)賃金等

  ・時給1,055円(月21日勤務で、166,163円)(社会保険料の本人負担あり)
  ・通勤手当・賞与あり

(2)勤務時間など

  ・勤務日:週5日(月曜日~金曜日)
  ・勤務時間:1日7時間30分(午前8時30分~午後5時00分)※休憩1時間含む。
  ※活動内容により時間変更可能。土日祝祭日勤務の場合は翌週代休対応

(3)待遇・福利厚生

  (1)社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入
  (2)年次有給休暇10日
  (3)住居費月額50,000円以内
  (4)車両借上料月額15,000円 ※変更の可能性あり
  (5)パソコン借上料月額3,000円 ※変更の可能性あり
  (6)活動に要する経費は、稲敷市の予算の範囲内で負担
  ※R03は補助金の形で支給を検討中

応募方法

・下記提出書類(1)~(3)を、持参または郵送

 ・受付期間:令和2年10月1日(木)~令和3年1月29日(金)まで(必着)

 ・提出書類
  (1)稲敷市地域おこし協力隊応募用紙(市HPにあり)
  (2)住民票抄本(発行日から1か月以内)
  (3)普通自動車免許証の写し(表裏)

選考

(1)第1次選考(書類審査)

 ・提出書類を審査し、応募要件の適否を決定
 ・審査結果は、通知
 ・1次選考後、お試し協力隊を実施。

(2)第2次選考(面接)

 ・第1次選考合格者について、面接による第2次選考を実施
 ・面談や自己PRなど10分程度予定
 ・審査結果は、通知
 ・応募に係る経費(提出書類費用や面接時の交通費など)はすべて応募者の負担
 ・選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられません。ご了承ください。 

申し込み

及び

問合わせ先

〒300-0595
茨城県稲敷市犬塚1570番地1
稲敷市まちづくり推進課
 tel.029-892-2000 fax.029-893-0388

 Eメール:jinkou@city.inashiki.lg.jp

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり推進課です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表) ファックス番号:029-893-0388

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る