本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 健康・医療
  4. 新型コロナウイルス感染症関連情報
  5. 各種支援
  6. 学生支援
  7. 稲敷学生応援便事業(10月1日から事業を拡大)

暮らし

稲敷学生応援便事業(10月1日から事業を拡大)

実施概要

 故郷を離れ市外で暮らす本市出身の学生等が新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、家族感染を恐れ帰省できていないことから、家族の生活必需品等及び感染症対策等の送料を、稲敷市が支援する事業を実施しておりますが、現在もコロナの終息が不透明なため、更に事業を拡大し、利便性を高めた事業を実施していきます。

拡大内容

(1)配送利用回数を6回まで拡充します。ただし、支援対象物は、今まで同様30キログラム以下のものに限ります。

(2)従来の市役所各施設で宅配物を受け付ける方法に加え、令和2年10月1日からは、保護者の方が直接配送事業者に依頼した支払伝票があれば、申請により配送料を負担いたします。

実施内容(市役所等へ配送依頼する場合)

(1)保護者は、稲敷市学生応援便配達依頼申請書(4施設にあります)に学生証の写しまたは在学証明書の写しと、届出人の身分証明書を添えて提出してください。
※写しの代わりに、学生証、在学証明書を撮影した画像を携帯電話画面で確認することも可能です。
※印鑑が必要です。

(2)保護者は宅配物を自ら梱包し、下記4施設へ当日午後2時までに配達できる状態で届けてください。
・稲敷市役所(まちづくり推進課)
・東支所
・新利根公民館
・桜川公民館
※午後2時以降の受付はできません。

(3)取扱はゆうパックのみ、配達物は30キログラム以下、学生1名につき6回までが上限となります。ワレモノ、壊れやすいものは受付できません。チルドゆうパック(冷蔵・冷凍)はご利用できません。

(4)保護者は市役所を通じて宅配物が届く旨を受取人へ事前にお伝えください。

※稲敷市役所・東支所については、土・日・祝日を除く。
※新利根公民館・桜川公民館については、月・土・日・祝日を除く。

実施内容(配送事業者に配送依頼した場合)

保護者の方が配送事業者に直接配送依頼した後、支払伝票を含む下記の6点をご用意の上、ご提出ください。

(1)稲敷市学生応援便補助金交付申請書兼請求書(提出先4施設にあります)

(2)保護者が貨物自動車運送事業法(平成元年法律第八十三号)第3条の許可を有する宅配便事業者へ依頼した支払伝票(原本)
※ゆうパック、クロネコヤマト、佐川急便等
※クール宅急便も可能

(3)学生証、または在学証明書の写し。
※写しの代わりに、学生証、在学証明書を撮影した画像を携帯電話画面で確認することも可能です。申請2回目以降は不要です。

(4)届出人の身分証明書

(5)保護者の通帳またはキャッシュカードの写し(振込先を確認できるもの)

(6)印鑑

◎申請先
・稲敷市役所(まちづくり推進課)
・東支所
・新利根公民館(新利根地区センター)
・桜川公民館(桜川地区センター)

 受付時間:AM8:30~PM5:00

※稲敷市役所・東支所については、土・日・祝日を除く。
※新利根公民館・桜川公民館については、月・土・日・祝日を除く。

実施期間

令和2年10月1日(木)~令和3年3月31日(水)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり推進課です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表) ファックス番号:029-893-0388

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る