1. ホーム
  2. 緊急の情報>
  3. 新型コロナウイルス感染症関連情報>
  4. ワクチン接種関連情報>
  5. 新型コロナワクチンの4回目接種に伴う基礎疾患の申請

緊急の情報

新型コロナワクチンの4回目接種に伴う基礎疾患の申請

18歳から59歳の方で基礎疾患を有する方やその他重症化リスクが高いと医師が認める方で、4回目の接種を希望する場合は、接種券の郵送申請が必要となります。

基礎疾患を有する方等の接種券郵送の申請方法

メールフォーム(こちら)より申請をお願いいたします。

1、2回目接種時に基礎疾患の申請をされた方も再度申請が必要になります。
この申請は予約ではありません。
60歳以上の方は申請不要です。

接種券が届き次第、各予約方法により予約が可能となります。
※申請に診断書等は必要ありません。ただし、接種対象となるかどうかは、接種当日の医師の判断となります。
※3回目との接種期間が5か月に満たない場合は、3回目接種から5か月前後に発送させていただきます。

基礎疾患一覧

以下の病気や状態の方で、通院/入院している方。
ご自身が該当するかどうか不明な場合は、主治医にご相談ください。
□慢性の呼吸器の病気
□慢性の心臓病(高血圧を含む。)
□慢性の腎臓病
□慢性の肝臓病(肝硬変等)
□インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
□血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
□免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
□ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
□免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
□神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
□染色体異常
□重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
□睡眠時無呼吸症候群
□重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
※精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳を所持している方については、通院又は入院をしていない場合も、基礎疾患を有する方に該当します。
□BMIが30以上である
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
※BMI30の目安:身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg

努力義務について

60歳以上の方については予防接種法第9条に規定する「努力義務」の適用となります。
18歳から59歳までの基礎疾患を有する方や、その他重症化リスクが高いと医師が認める方に対する4回目接種については、「努力義務」の適用除外とされています。

「努力義務」とは
感染症の発生やまん延を予防するために「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定です。
接種は強制ではありません。主治医とご相談のうえ、接種を受けるか受けないかをご判断ください。

4回目で使用するワクチン

ファイザー社製またはモデルナ社製ワクチン

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る