本文へ移動する

観光

江戸崎かぼちゃ

これほどまでに「えどさき」が愛される理由

とれたて完熟だからです。

江戸崎かぼちゃは、畑で完熟するのを待って収穫します。食卓に上がる直前まで、たっぷりと太陽光を浴びているので、甘さも栄養価も抜群。収穫後、貯蔵庫で追熟させたものとは、ひと味もふた味もちがいます。
また、昭和45年かぼちゃ部会を結成。計画出荷の確立や試食宣伝会にいちはやく取り組み、初年度の茨城県銘柄産地の指定を受け、「組織造りは人造り」「良品に安値なし」をモットーに部会活動を展開しています。

熱意と誇りが生む品質

大切な子供と同じように、江戸崎かぼちゃは、放っておいては育たないというのが、江戸崎でかぼちゃを栽培している人たちのくちぐせ。みんな、かぼちゃのことが心配で、夜もおちおち寝てられないという人たちです。出荷シーズンともなれば悲喜こもごも。大切な娘を嫁がせるような気持ちで、かぼちゃを送り出すのです。

※販売に関するお問い合わせはJA稲敷中部経済センターまで
 電話 029-892-6645 

江戸崎かぼちゃ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る