本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 水道・下水道
  4. 水道
  5. 水道課からのお知らせ

暮らし

水道課からのお知らせ

水道管の凍結にご注意を

水は凍結すると液体の時より9パーセントも体積が大きくなります。外気温が氷点下4℃以下になると水道管の凍結がおこります。水道管の中で水が凍ると、水が出なくなるばかりではなく、水道管が破裂してしまう場合もあります。「水が出ない!」と慌てるよりも、天気予報などを確認し、あらかじめ凍結防止の対策をとりましょう。

凍結しやすい水道管
・戸外でむき出しになっている水道管
・家の北側などで日当たりの悪い水道管
・風当たりの強いところにある水道管
・使用頻度が低く、水が滞留している水道管

凍結防止の方法
水道管に保温材を巻きます。保温材とは、毛布、布、発砲スチロールや段ボールなどです。
水道管や蛇口に保温材を巻きつけ、水で濡れないようビニールテープ等でしっかりと固定してください。蛇口が一番破損しやすいので、上部まで完全に包んでください。

凍結して水が出ないとき
蛇口を開け、タオルや布をかぶせ、その上から「ゆっくり」と「ぬるま湯」をかけてとかしてください。
※急に熱湯をかけると、蛇口や水道管が破裂してしまうことがありますので、絶対にしないでください。
※水が出ないといって、蛇口を開けたまま放置すると、氷がとけたあと水が出しっ放しになってしまいますのでご注意ください。

水道管が破裂してしまったら・・・
メーターボックス内の止水栓を閉め、水を止めてください。その後、稲敷市指定給水装置工事事業者に直接修理を依頼してください。宅内漏水については、市水道課では修理できません。修理費用は個人負担となります。
稲敷市指定給水装置工事事業者名簿は稲敷市役所、東支所、新利根地区センター、桜川地区センターの窓口及び稲敷市水道課、またはホームページにて確認できます。
漏水により、あまりに高額な水道料金になってしまった場合は、市水道課にご連絡ください。漏水の発生状況により、水道料金の減額の制度があります。

※稲敷市指定給水装置工事事業者以外で修理を行ったり、漏水発見日の属する月の前に水道料金を滞納している場合は、制度の対象となりませんのでご注意ください。
※「出しっ放し」や「外水栓による盗水」もお客様の責任になりますので、制度の対象にはなりません。


定期的に漏水していないか確認しましょう
稲敷市では毎月1回水道メーターの検針を行っています。検針後、必ず「水道使用量のお知らせ」を配布していますので、受け取られたら水量に異常がないかご確認ください。「今月は水量が多いかな」と疑問に思われたら、一度、水道メーターを確認してみてください。家中(外水栓も含む)全ての蛇口を閉めた状態で、水道メーターのパイロットが回っていれば漏水していることになります。早く回っている場合は漏水量が多く、ゆっくり回っている場合は少量の漏水になります。漏水を発見された場合も上記と同様に処理してください。

漏水について

家中すべての蛇口を閉めた状態で、水道メータのパイロットが回転している場合は、漏水の可能性があります。修理のご依頼は、稲敷市指定給水装置工事事業者にご連絡願います。         
〇稲敷市指定給水装置工事事業者名簿は稲敷市役所、東支所、新利根地区センター、桜川地区センターの窓口及び         
 稲敷市水道課、またはホームページにて確認できます。         
〇修理費はお客様負担となります。         
〇漏水に係る水道料金の減額の制度があります。         
【稲敷市水道事業給水装置漏水に係る水道料金の減額に係る要綱】         
第3条 給水装置の故障による漏水において、水道使用者又は所有者(以下「使用者等」という。)が次の各号に         
  掲げる要件をすべて満たしている場合には、水道料金を減免することができる。         
  ただし、管理者が特別の理由があると認めた場合も同様とする。         
 (1) 給水装置の損傷が故意又は過失によるものでなく自然漏水であるとき。         
 (2) 漏水発見後、水道課職員による漏水調査が完了し、かつ、稲敷市指定給水装置工事事業者による適正な
   修繕が行われていること。         
 (3) 漏水発見日の属する月前における水道料金が完納されていること。       
 (4) 給水装置を新設し、検査後1年を経過しているもの。         
※稲敷市指定給水装置工事事業者以外で修理した際は制度の対象となりませんのでご注意ください。  

     

盗水について

最近、外水栓等からの盗水の被害が発生しています。ご自宅を留守にする際など、こまめに水道メータの止水栓を         
閉めるなど盗水対策をお願い致します。なお、盗水は水道料金の減額の制度対象とはなりませんので、         
十分ご注意をお願いします。         
         
漏水や盗水は大切な水を無駄にするばかりでなく、水道料金の負担も大きくなります。         
定期的な確認をお願いします。    

                  

[注意喚起]圧力タンクの取扱いにご注意下さい!

 平成28年11月26日、大分県日出町において、水道施設の圧力タンク破裂による死傷事故が発生いたしました。簡易専用水道等の設置者におかれましては、水道施設の圧力タンクの点検を行い、その取扱には十分ご注意くださいますようお願いいたします。

 

 ・異常があるときは、専門家に相談しましょう。

 ・メーカー等の定期点検を年に1回程度受けましょう。

 ・ 運転状況や使用年数により部品は劣化します。交換時期を表示するなど工夫して、定期的に部品の交換、修理を実施しましょう。

 ・取扱説明書等を読み、使用上の注意点をきちんと把握しましょう。

 ・使用上の注意点は、わかりやすい所に掲示し、確認できるようにしましょう。

 ・圧力タンクの上に物を置いたり、乗ったりしないようにしましょう。

 ・機器の耐用年数等を把握し、適切に機器の更新を行いましょう。

 

 

悪質商法にご用心

巧妙な手口で水道課の職員を装ったり、あたかも水道課からの指示のような口ぶりで、悪質な訪問販売や「給水管の点検にきました」などと言って訪問し、強引に給水管の洗浄作業・修繕を行い、当初の説明より高額な作業代金を請求するなどの悪徳商法が相次いでいます。また、水質検査、配管調査、メーター検査に来たなどと言って、強引に家の中に入り込もうとするケースも増えていますので、十分ご注意ください。

水道課では、お客さまから事前のご依頼やご了承のない限り、訪問による水質検査や配管調査、メーター検査、宅内の水圧検査、給水管の修繕・取替などは行っておりません。

メーター器取替えの際は、事前に水道課から文書でご案内しております。

不審に思われた時は、職員証の提示を求めていただくか、水道課にお問い合わせください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課です。

稲敷市水道課 〒300-0504 稲敷市江戸崎甲4615

電話番号:029-892-4255 ファックス番号:029-892-3358

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る