本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 健康・医療
  4. 骨髄移植支援事業
  5. 骨髄移植等の医療行為により免疫が消失した方に対して、再度の予防接種にかかる費用の助成について

暮らし

骨髄移植等の医療行為により免疫が消失した方に対して、再度の予防接種にかかる費用の助成について

骨髄移植等の医療行為により免疫が消失した方(子)に対する再度の予防接種費用を助成します

 骨髄移植や抗がん剤治療などの医療行為により免疫が消失し、医師により接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと判断され、再接種が勧奨された場合、今まで再接種費用は全額自己負担となっていました。
 令和元年7月1日より稲敷市では、保護者の経済的負担軽減及び感染症予防のため、再接種の費用を助成いたします。

対象者

 以下のいずれにも該当する方

  1 骨髄移植等の医療行為により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された方

  2 予防接種の再接種日において稲敷市の住民基本台帳に登録されている20歳未満の方。

助成対象の予防接種

  BCG、小児肺炎球菌、ヒブ、4種混合、B型肝炎、麻疹風疹混合、水痘、日本脳炎、子宮頸がん、二種混合

  ※接種済みの定期予防接の接種種回数及び接種間隔が、予防接種実施規則の規定によって接種されていること

助成金額

  予防接種にかかった費用(ただし上限あり)

申請方法

  再接種前に母子健康手帳をご用意のうえ、健康増進課予防接種担当までご相談ください。

  予防接種の履歴確認、手続き等の詳細について説明します。

申請書類等

  申請書類等は下記よりダウンロードできます。

※再接種は認定を受けてからになりますので、必ず接種前に担当課までご相談をお願いします『いな』の画像

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(稲敷市保健センター) 成人保健係です。

稲敷市ふれあいセンター内 〒300-1411 稲敷市伊佐津3239番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る