ふるさと応援寄附

稲敷市について

稲敷市について(ふるさと納税とは)稲敷市は、平成17年に江戸崎町、新利根町、桜川村、東町が合併してできた、限りなく都会に近いけれど、自然の残る、ここにしかない風景の広がる田園地帯のまちです。

茨城県の南部、首都東京より60km、北には国際的な研究学園都市「つくば市」、南には世界の玄関口である「成田市」両市とのちょうど中間に位置し、これらの核都市とは首都圏中央連絡自動車道(圏央道)によりアクセスが向上しています。

また、当市は霞ヶ浦や利根川、新利根川、小野川などに代表される豊かな水辺環境と温暖な気候に恵まれ、職・住・遊など様々な分野における可能性と潜在力を合わせ持つ地域です。

ふるさと稲敷には、豊かな自然や田園風景が広がり、ゆったりとした時が流れています。

稲敷が稲敷らしく、あなたのふるさとがあなたのふるさとらしくあり続けるために、今、あなたの想いが必要です。

稲敷をはなれ頑張っている方はもちろん、稲敷に親しみや共感を持ってくださっている方も、「稲敷市ふるさと応援寄附金」を通じてその想いをかたちにしてみませんか。

皆さまからの応援を心よりお待ちしております。
感謝のキモチを市の特産品である農産物や体験型の"お礼の品"をお送りいたします。

豊かな水辺環境

稲敷市は、豊かな自然環境と温暖な気候に恵まれた水と緑にあふれた田園都市です。
茨城県の南部に位置し、霞ヶ浦や利根川、新利根川、小野川などに代表される豊かな水辺環境があり、霞ヶ浦ではボートや釣りなどのレジャーが盛んです。また、霞ヶ浦の水辺には和田岬や妙岐の鼻など釣りやキャンプ、バードウォッチングなどの拠点となる環境があり、稲波地区に飛来する国指定天然記念物のオオヒシクイ、浮島地区の妙岐の鼻で見られるコジュリンなど、野鳥の種類も豊富です。
また、稲敷台地には、平地林などの山林が比較的多く残され、水辺を中心とした自然環境と合わせ、四季を通じて固有の良好な景観を醸し出しており、人々の生活にうるおいを与えています。

和田岬妙岐の鼻オオヒシクイふな釣り霞ケ浦アウトドア体験教室

数多くの歴史的文化財

常陸の国と下総の国の境に位置しているため、古くから双方の文化の交流点となっていた稲敷市には、数多くの歴史的文化財が点在しています。
国指定重要文化財の平井家住宅は17世紀後半の建築とされ、同じく国指定重要文化財の横利根閘門は大正10年に完成したレンガ造りの閘門で、現在も使用されています。県指定文化財としては、阿弥陀寺寝釈迦堂、逢善寺などの建造物や、満願寺銅造如来立像などがあり、史跡としては、国指定史跡の土器製塩遺跡である広畑貝塚などがあります。また、西暦767年創始といわれる大杉神社は初詣客で賑わうほか、「あんばばやし」が無形民俗文化財に指定されています。

平井家住宅横利根閘門大杉神社

豊富な農産物と観光資源

農産物の特産品は、茨城県初の、国が地域ブランドとして保護する地理的表示保護制度(GI)に登録された「江戸崎かぼちゃ」や、茨城県銘柄推進産地に指定されている「浮島れんこん」のほか、稲敷市が発祥の地、早場米の「ミルキークイーン」や、「巨峰」、「いちご」、「いちじく」など数多くあります。また、大都市近郊という立地環境を生かして、施設園芸によるトマト栽培なども近年盛んに行われています。

市内の観光施設としては、小さな子どもから大人まで楽しめる体験ビレッジの「こもれび森のイバライド」があり、年間を通して多くの入場者があります。また、恵まれた水辺環境を生かした釣りやウォータースポーツなども盛んに行われており、霞ヶ浦や横利根川などを利用した釣り大会や、毎年8月に行われる「いなしき夏まつり花火大会」、和田公園で開催される「チューリップまつり」など、様々なイベントも行われ、多くの観光客を集めています。市内の丘陵部には9か所のゴルフ場が立地しており、地域観光資源の特色の一つになっています。

タレントの萩本欽一さんが設立し、片岡安祐美監督が務める社会人野球クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の本拠地が稲敷市桜川運動公園野球場にあります。練習や練習試合を間近に見ることができ、地域住民との農業を通じてのふれあいなども行われています。

江戸崎かぼちゃ浮島れんこんミルキークイーンいなしき夏まつり花火大会

観光と特産品の紹介

チューリップまつり

チューリップまつり浮島和田公園を会場として毎年4月中旬の日曜日に稲敷市桜川花まつりが行われます。20万本のチューリップが会場内を色とりどりに染めあげ、年によっては満開の桜との競演も楽しめます。会場では、歌謡ショーやモデル撮影会、お米や漬物などの地元特産品の販売なども行われ、毎年たくさんの人で賑わいをみせます。

茨城ゴールデンゴールズ

茨城ゴールデンゴールズタレントの萩本欽一さんが設立し、片岡安祐美監督が務める社会人野球クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の本拠地が稲敷市桜川運動公園野球場です。チームの一部のメンバーは市内に居住し、農業等に従事しながら日本一を目指します。練習風景や試合などを自由に観客席から見ることができます。

江戸崎かぼちゃ

江戸崎かぼちゃ稲敷市特産の「江戸崎かぼちゃ」が平成27年12月22日に、北海道夕張市の「夕張メロン」や兵庫県の「神戸ビーフ」と共に、農林水産物や食品を国が地域ブランドとして保護する「地理的表示保護制度(GI)」に登録されました。

甘くホクホクとした味わいが人気で、かぼちゃの有名ブランドとして全国に知られています。農家の皆さんが愛情と手間ひまをかけて育て、畑でじっくり完熟してから収穫しています。

浮島レンコン

霞ヶ浦周辺は日本一のレンコンの産地。浮島地区には、見渡す限りレンコン田が広がっています。浮島レンコンは東京の市場にも出荷され、鮮度・品質・食味ともに圧倒的な信頼を得ています。平成17年にオープンした「直売所浮島」等で購入することができます。

こもれび森のイバライド

動物にさわる。自分でつくる。カラダを使って遊ぶ。「こもれびの森イバライド」は、自然の中で、さまざまな体験を楽しめる稲敷市にあるテーマパークです。

位置と地勢

稲敷市は、茨城県の南部、首都東京より60km圏に位置しています。地域の北側には国際的な研究学園都市「つくば」を、南側には世界への玄関口「成田」を擁しており、これらの核都市と首都圏中央連絡自動車道で結ばれています。当市は、稲敷台地と広大な水田地帯からなり、霞ヶ浦、利根川、新利根川、小野川などの水辺環境に恵まれています。また、平成21年の平均気温は14.5度、年間降水量は1,534.5mmと温暖な気候にも恵まれ、職・住・遊など様々な分野における可能性と潜在力を持つ地域です。

基本データ ※平成31年1月1日現在
面積
205.81km² ※平成29年10月1日現在
常住人口
40,521人
世帯数
14,650世帯
首長名
筧 信太郎(かけひ しんたろう)
本庁所在地
茨城県稲敷市犬塚1570番地1
電話番号
029-892-2000

交通アクセス (稲敷市役所)

電車・バスで

【JR常磐線土浦駅】
JRバス関東 君島線(45分)稲敷市役所下車

【JR常磐線土浦駅】
JRバス関東 霞ヶ浦線(45分)江戸崎停留所下車 ― コミュニティバス(10~15分)稲敷市役所下車 ※コミュニティバスの行き先を必ずご確認ください。

【JR常磐線ひたち野うしく駅】
稲敷エリア広域バス(40分)稲敷市役所下車

【JR常磐線荒川沖駅】
稲敷エリア広域バス(40分)稲敷市役所下車

自動車で

【つくば、東京方面から】
常磐自動車道つくばJCTから首都圏中央連絡自動車道稲敷IC、県道稲敷阿見線を経由して、2.5km

【土浦方面から】
常磐自動車道桜土浦ICから国道354号、国道125号バイパス、県道新利根江戸崎線を経由して、24km、約30分

【成田方面から】
東関東自動車道成田ICから国道295号、国道408号、県道新利根江戸崎線を経由して、26km、約35分

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策企画課です。

稲敷市役所 3階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表) ファックス番号:029-892-2062

メールでのお問い合わせはこちら