本文へ移動する

市政

青少年親善大使派遣団派遣事業 -平成29年-

 経緯
  サーモンアーム市(カナダ・ブリティッシュコロンビア州)への親善大使派遣は、旧東町(当時は東村)が平成2年に姉妹
  都市調印を締結して以来続けられてきたもので、稲敷市誕生後も継続して実施されています。
  参加者は異なる生活習慣や文化に触れ、貴重な体験と多くの感動を得て帰国し、国際感覚を磨くためのきっかけ作りとして、
  青少年育成に役立っています。
  現地では、シティホールやキャンパス、長年の交流の記念としてサーモンアーム市に建築された「友情の門」などを訪問する他、
  ラフティングなどカナダの大自然を体験することができます。

 事業概要(平成29年度)
  稲敷市としては第10回目となる青少年親善大使海外派遣団が、11日間のカナダでの貴重な感動と思い出を胸に帰国しました。
   ●参加者   団員24名(中高生20名、随行員4名)
   ●派遣期間  平成29年8月16日(水)~26日(土)9泊11日 (16日から24日まではホームステイ)
   ●派遣地   カナダ:サーモンアーム、バンフなど
   ●派遣経費  約24万円/1名(うち約1/2市補助金)

 日程
  8月16日(水)成田空港からサーモンアームへ
  8月16日(水)~24日(木)
  サーモンアーム市及び近郊の各家庭にてホームステイ(ホームステイ期間中、市庁舎・学校訪問、キャンプ、ラフティング、さよならパーティーなどに参加)
  8月24日(木)サーモンアームを出発し、バンフ市内観光
  8月25日(金)~26日(土)思い出を胸にカナダにお別れし、帰国の途へ
 
 

『シティホール』の画像『キャンプ』の画像

 

『ラフティング』の画像『さよならパーティー』の画像 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民協働課 地域づくり支援係です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る