本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 防災・消防
  3. 防災・消防のお知らせ
  4. 茨城県・稲敷市総合防災訓練を実施いたしました

防災・消防

茨城県・稲敷市総合防災訓練を実施いたしました

茨城県・稲敷市総合防災訓練を実施いたしました

 大規模複合災害を想定した茨城県と稲敷市による総合防災訓練を11月11日(土)に実施いたしました。訓練は、江戸崎総合運動公園をメイン会場、高田小学校と江戸崎小学校をサブ会場として行い、約130の関係機関や市民の皆様など合わせて約2400名の方々にご参加いただきました。

訓練について

 訓練は、大雨が何日も続いて土砂災害警戒情報が発表され、市が避難勧告を発令する中、市民が避難を完了する前に茨城県南部を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生したという想定で行いました。

 メイン会場の江戸崎総合運動公園では、土砂災害や建物の倒壊、多重衝突事故などが発生したことを想定し、関係機関が被災者の救助や救護に当たりました。また、土砂崩れにより車2台が埋まったことを想定した現場では、消防・警察・自衛隊などが生存者を探し、シャベルで土をかき分けるなどして被災者を救出しました。

 サブ会場の高田小学校と江戸崎小学校は避難所となり、住民の受け入れや炊き出しなどの訓練を行いました。高田小学校では、訓練では初めて小型無人機「ドローン」で避難所の周囲を空撮し、動画データを災害対策本部に送信する訓練も実施されました。また、江戸崎小学校では、ペット同行の住民の避難所受け入れ訓練も実施されました。

訓練の様子 

『土砂災害救出』の画像

 

 

【土砂災害救出訓練】

 大雨と地震により崩れた土砂に被災した傷病者を救出し、搬送する訓練

 

『ビル救出』の画像

 

 

 

【座屈ビル救出訓練】

 地震により座屈したビルに取り残された被災者を救出する訓練

 

『多重事故救出』の画像

 

 

 

【多重衝突事故救出訓練】

 災害の影響で多重衝突事故を起こした車両の中から、傷病者を救出する訓練

 

いつか起こり得る災害に備えましょう

 災害が発生した時には、まず自分が無事であることが最も重要です。いつか起こり得る災害に備え、自分の家の安全対策をしておくとともに、家の外において災害に遭遇した時の身の安全の守り方を知っておくことが必要です。また、身の安全を確保し、生き延びていくためには、水や食料などの備えをしておくことも必要です。

 防災対策には、十分とか絶対大丈夫というものはありません。一人一人が、自分の周りにどのような災害の危険が及ぶのかを考え、その被害をできるだけ少なくするために必要な対策を講じることが重要です。

 市としても、行政区長や民生委員、消防団等と協力・連絡体制の構築を図り、災害時の防災・減災に向けた協力体制を構築していくとともに、市民の皆様にもご参加いただける防災訓練の開催や速やかな情報発信など、市民の安心・安全を守るため災害への対応を進めてまいりますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは危機管理課 消防防災係です。

稲敷市役所 3階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表) ファックス番号:029-893-1571

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る