1. ホーム
  2. くらしの情報>
  3. 仕事・産業>
  4. 農業>
  5. 稲敷市農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想

くらしの情報

稲敷市農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想

稲敷市では、茨城県の農業経営基盤の強化の促進に関する基本方針の改正に伴い、令和3年10月に基本構想を改正しました。

農業基本構想とは

「農業基本構想」とは、農業経営基盤強化促進法第6条第1項に基づき、農業を本市の基幹産業として振興していくために、農業が魅力とやりがいのあるものとなるよう、農業経営基盤の強化を図るために策定しており、育成すべき経営体として位置付ける認定農業者及び認定新規就農者等の認定基準を明確にするとともに、担い手育成のために講ずべき農用地の利用集積などの措置について定めたものです。

農業基本構想の内容

基本構想には次の5つの事項が明記されています。

  1. 農業経営基盤の強化の促進に関する目標
  2. 農業経営の規模、生産方式、経営管理の方法、農業従事の態様等に関する営農の類型ごとの効率的かつ安定的な農業経営の指標
  3. 農業経営の規模、生産方式、経営管理の方法、農業従事の態様等に関する営農の類型ごとの新たに農業経営を営もうとする青年等が目標とすべき農業経営の指標
  4. 効率的かつ安定的な農業経営を営む者に対する農用地の利用の集積に関する目標
  5. 農業経営基盤強化促進事業に関する事項

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る