1. ホーム
  2. 事業者の情報>
  3. 桜川地区3小学校跡地の利活用に関するサウンディング型市場調査を実施します

事業者の情報

桜川地区3小学校跡地の利活用に関するサウンディング型市場調査を実施します

調査の目的

 稲敷市では、少子化の影響により児童数の減少が著しいことから、平成22年3月に「学校再編整備実施計画」を策定し、市内小学校の再編を実施してきました。その計画に基づき、桜川地区の阿波小学校・浮島小学校・古渡小学校の3校は桜川小学校に統合され、令和3年3月をもって閉校となりました。
 現在、校舎等の建物及び敷地は利用されていない状況であり、大規模な敷地と施設を有する学校跡地については、地域を活性化させるという観点から有効に活用していくことが、本市にとって重要な課題となっています。
 このようなことから、民間事業者の皆さまとの「対話」を通じて、学校跡地(校舎、体育館、グラウンドなど)の市場性の有無や活用アイデアなどを調査するサウンディング型市場調査を実施するものです。

 

期待される効果

サウンディングにより、次のような効果を期待しています。
(1) 民間事業者のニーズやアイデアを聞くことにより、施設の市場性を把握できる。
(2) 民間事業者のノウハウを生かした実現可能性の高い利活用案を幅広く検討できる。
(3) 民間事業者に、本市の考え方を伝えることができる。
※今回のサウンディングは対象施設における今後の事業化に向け、市場性の把握を目的とした対話であり、施設の整備・維持管理・運営等を行う事業者の募集を行うものではありません。また、今後事業者の選定(公募)を行う場合、今回のサウンディングへの参加が優位性を持つものではありません。

 

調査を行う学校施設

(1)旧阿波小学校 所在地:稲敷市阿波1240番地
(2)旧浮島小学校 所在地:稲敷市浮島3650番地
(3)旧古渡小学校 所在地:稲敷市古渡2166番地

 

サウンディングの内容(提案内容)

 調査対象施設は長年地域の教育の場であるとともに地域コミュニティの象徴でもあった小学校施設の土地・建物です。周辺環境との調和に配慮しつつ、地域貢献できる活用のアイデアを求めます。
(1) 事業のアイデア
(2) 既存施設の整備・改修・解体等の内容
(3) 土地・建物の活用方式(購入、賃貸の希望等)
(4) 管理運営手法(維持管理主体、費用負担方法など)
(5) 地域への貢献に対する提案
(6) 事業の実施にあたり想定される課題に関する提案
(7) その他、行政等に期待する支援や配慮してほしい事項など

 

スケジュール

実施要領の公表 令和4年12月21日(水)
現地見学・説明会の参加受付 実施要領の公表日 ~ 令和5年1月10日(火)
現地見学・説明会の開催 令和5年1月17日(火)・19日(木
※希望があれば、調整のできる範囲で追加日程の設定も対応します。
サウンディングの参加受付 実施要領の公表日 ~ 令和5年1月31日(火)
サウンディングの実施 令和5年2月7日(火)~2月17日(金)
サウンディング結果概要の公表  令和5年2月下旬(予定)

 

関連資料

下記資料をご確認のうえ、積極的にご参加ください。

01 実施要領 [PDF形式/323.23KB]

02 施設調書1 旧阿波小学校 [PDF形式/423.85KB]

03 施設調書2 旧浮島小学校 [PDF形式/464.35KB]

04 施設調書3 旧古渡小学校 [PDF形式/576.17KB]

05 (別紙1)現地説明会・見学会申込書 [WORD形式/17.79KB]

06 (別紙2)サウンディング調査エントリーシート [WORD形式/17.61KB]

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画財政課 企画担当です。

稲敷市役所 3階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る