1. ホーム
  2. 歴史民俗資料館>
  3. お知らせ>
  4. 開館30周年記念企画展「ナウマンゾウ-稲敷にゾウがいたころの景色-」

開館30周年記念企画展「ナウマンゾウ-稲敷にゾウがいたころの景色-」

太古の昔には日本にも様々なゾウ類が住んでいました。

その中でもナウマンゾウは、日本各地から化石が数多く見つかっている日本を代表する化石ゾウと言えます。

特に茨城県ではナウマンゾウの化石が数多く産出しており、稲敷市でも産出されています。

本企画展では、稲敷市や茨城県内で産出されたナウマンゾウの化石の実物を展示します。

関連イベントの講演会と見学会でナウマンゾウがいたころの時代や環境について学んでみましょう!

 

  • 開催期間:令和6年7月23日(火)~9月21日(土) (休館日:月曜日、7/25、8/13、8/29、9/17)
  • 監修協力:国府田良樹先生(ミュージアムパーク茨城県自然博物館名誉学芸員)
  • 後 援 :国立研究開発法人産業技術総合研究所

 

企画展関連イベント

講演会
  • 開催日時:令和6年8月18日(日) 午後2時30分~
  • 講 師 :国府田良樹先生
  • 演 題 :「茨城にゾウがいたころ-ステゴロフォドンからナウマンゾウまでの1700万年のあゆみ-
  • 会 場 :稲敷市立図書館2階視聴覚室
  • 定 員 :70名
  • 申 込 :稲敷市立歴史民俗資料館へ来館、電話、こちらからhttps://www.city.inashiki.lg.jp/mailform.php?code=132
  • 締 切 :令和6年8月10日(土)
 

 

見学会

筑波実験植物園、地質標本館でナウマンゾウがいたころの環境を調べるバスツアーです!

  • 開催日:令和6年8月30日(金)午前9時
  • 時 間:午前9時15分~午後4時 (受付開始時間9時開始)
  • 講 師:国府田良樹先生
  • 定 員:14組 (市内小学生と保護者2名1組) 
  • 参加費:500円/組 (入場料・保険など) ※自由昼食
  • 申 込:稲敷市立歴史民俗資料館へ来館、電話、こちらからhttps://www.city.inashiki.lg.jp/mailform.php?code=157
  • 締 切:令和6年8月10日(土)応募多数時は抽選になります。抽選結果は令和6年8月23日に通知します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは歴史民俗資料館です。

〒300-0736 稲敷市八千石18番地1

電話番号:0299-79-3211 ファックス番号:0299-79-3213

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る