閉じる

くらしの情報

森林環境譲与税の使途公表について

森林環境税及び森林環境譲与税とは

森林環境税及び森林環境譲与税は、平成31年4月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が創設され、温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止等を図るため、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から、本市にも令和元年度から森林環境譲与税の譲与が開始されました。

森林環境譲与税は、人口、私有林人工林面積、林業就業者数に応じて国から市町村及び都道府県に配分され、その使途は「森林整備やその促進に関する費用に充てること」とされており、公表することとなっています。

参考:林野庁ホームページ(外部リンク)

 

使途の公表について

 森林環境譲与税について、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律第34条第3項に基づき使途を公表します。

🔴令和元年度の実績について

・譲与税額

 2,518千円

・使途額

 森林の整備及びその促進に関する施策に要する経費に充てるため、基金に積立てました。

 基金積立額 2,518千円

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課 農林水産担当です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら