1. ホーム
  2. くらしの情報>
  3. 福祉・介護>
  4. 人権推進室>
  5. 人権問題啓発映画「ホーム」の配信について

くらしの情報

人権問題啓発映画「ホーム」の配信について

  平成6年に制作された茨城県同和教育啓発映画「三人兄妹」から26年の歳月を経て、このたび人権問題啓発映画

「ホーム」が制作されました。この間、平成28年には「部落差別解消の推進に関する法律」が施行されました。

 この映画は、同和問題(部落差別)を主軸として、障がい者差別、外国人差別、性的指向及び性自認(LGBT+等性

的マイノリティ)による差別を人権課題として取り上げ、これらの課題を解決するために、人権問題が決して他人事では

ないという自覚と正しい認識により偏見を除去すること、差別をする人に「あなたは間違っている」と言える態度を育む

ことなど、様々な人権課題に関わる差別意識の解消につながる状態を描いています。

 特に近年は、これまでの部落差別に限らず、インターネット上に個人の名誉やプライバシーを侵害する書き込みがなさ

れたり差別を助長する表現の記載が増加したりインターネットの匿名性、情報発信の容易さを利用した人権問題が生起し

てます。

 この映画をご視聴いただくことにより、人権を尊重し、多様性を認めあう社会の実現に向けて一人ひとりが「人権」を

自分の問題として考えるきっかけになるよう切望します。 (人権問題啓発映画 活用手引き 一部引用)

ホーム表紙

人権問題啓発映画「ホーム」を視聴したい方はこちら (茨城県教育委員会 上映時間46分)

URL https://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/gakkou/jinken/index.html

※通信料が発生する場合がございますので、Wi-Fi環境などインターネット接続状況をご確認のうえご視聴ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは人権推進室(社会福祉課内)です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る