本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 市政
  3. 地域おこし協力隊
  4. 稲敷市地域おこし協力隊活動中!!

市政

稲敷市地域おこし協力隊活動中!!

 地域おこし協力隊とは

  地域おこし協力隊とは、都市部の意欲ある人材を、地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域力の充実・強化を図る制度です。

 委嘱された隊員は、都市圏で培った知識や経験を生かした新たな視点で、地域資源の発掘や稲敷市のPR活動、市の魅力を伝える情報発信を行い、移住や定住促進に向けた活動や、地域活性化に向けた住民の支援活動を行います。

 現在、市内で活動している隊員は4名(3期生3人、4期生1人)おり、移住定住コンシェルジュとして移住活動事業の支援、マスコットキャラクターの「稲敷いなのすけ」を活用した地域活性化活動を行っております。

稲敷市地域おこし協力隊facebook 

 

 『『おこし集合写真r01』の画像』の画像

 隊員紹介3期生(h30年度-)

※情報は平成30年度現在のもの

◆西川龍之介(移住定住コンシェルジュ)◆

 着任:平成30年4月1日
 出身地:大阪府大阪市

『西川龍之介』の画像 

 

大学は農学部で昆虫の生態制御に関する研究を行い、クラブでは地方の河、海に出向き淡水魚や海水魚を採集し年2回一般の方を対象に山の上で水族館を開催。卒業後は建設資材、農業資材の販売に従事。

今年度は、小学生が楽しめるようなイベントとして、おばけかぼちゃを利用したハロウィンイベントの開催や、霞ケ浦・和田公園の豊かな水辺環境の重要性を発信する活動を行う予定。

 

◆水元翔太(移住定住コンシェルジュ)◆

 着任:平成30年4月1日
 出身地:千葉県市川市

『水元翔太』の画像 

茨城には20年近く住んでいて、就職を機に上京。6年ほど茨城を離れてみて、田舎の自然の多さや住みやすさなどの魅力を再認識し、地域おこし協力隊に応募。

 魅力度ランキング最下位の茨城だが、稲敷を筆頭に、魅力は数えきれないほどたくさんあると感じており、今年度は、七夕イベントを企画運営し、稲敷の魅力、田舎の魅力を発信する。またこれまで小説を書いてきたので、文章力を活かしたPR活動を行う。

 

◆河合宗汰(移住定住コンシェルジュ)◆

 着任:平成30年5月1日
 出身地:神奈川県相模原市

『河合宗汰』の画像 

平成30年3月まで大学院にて教育学を専攻。子どもたちと同じ目線に立ち、共に楽しめるような教師を目指して学業に専念。稲敷には新たな挑戦と、多くの魅力があると感じて、地域おこし協力隊へ志願。

今年度は、市の魅力を知り、自分が楽しい、面白いと思ったことを積極的に外へ発信し、地域の方々とも協力していく予定。 

 

隊員紹介4期生(r01年度-)

◆瀬谷勇◆

 着任:令和元年年5月1日
 出身地:神奈川県川崎市

『瀬谷勇顔写真』の画像

地方創生や観光に関する事をずっと携わりたいと思い、地域おこし協力隊に応募。
魅力度ランキング最下位の茨城だが、茨城県稲敷を筆頭に稲敷の魅力や知名度をSNSで発信、イベントの企画発案運営に携わる予定。

 


 

隊員紹介1期生(h27-h29)任期終了

※情報は平成28年度現在のもの

◆岡田菫(移住定住コンシェルジュ)◆

 平成27年5月1日着任:政策企画課人口減少対策室所属
   出身地:島根県美郷町

『岡田 菫01』の画像

 2年間、島根県美郷町地域おこし協力隊として活動を行ってきました。2年間の活動で得たスキルを生かし、移住・定住ポータルサイト「稲しき家族」を、地域の住民の人たちを巻き込み、参加型のサイトにしていきます。
 また、市内外の人たちに稲敷の良さを知ってもらうために、小さくてもバラエティのある趣味を中心としたイベントを開催したいと思います。

稲しき家族ホームページ

岡田隊員ブログ → 都会と田舎のあいだ

◆高島聖也(移住定住コンシェルジュ)◆

 平成27年5月1日着任:政策企画課人口減少対策室所属
 出身地:千葉県船橋市

『高島 聖也01』の画像

 都心から1時間ちょっとの距離なのに、豊かな自然に囲まれた本格的な田舎暮らしができる稲敷市に魅了されてしまいました。私の活動は、空き家をみんなで改修(DIY)して田舎暮らし体験ハウスをつくったりしています。
 稲敷市に来てはや1年、同世代の若者が思っていたよりいるんだな、と実感しています。今後は若者たちを巻き込んだ何かあたらしいことをやっていきたいです。

 

◆尾花孝治(マスコットキャラクターPR)◆

 平成27年5月1日着任:政策企画課人口減少対策室所属
 出身地:埼玉県川口市

『尾花 孝治』の画像

 この1年は稲敷市に来なければできない体験を沢山させていただきました。様々な方との出会いを通しその学びの中で今自分にできることを一生懸命やろうと思います。
 2年目は、いなのすけを市内外問わず、よりたくさんの方に愛されるキャラクターになるようPR活動を頑張り、稲敷市を盛り上げたいです。

 

◆岸本航(マスコットキャラクターPR)◆

 平成27年5月1日着任:政策企画課人口減少対策室所属
 出身地:神奈川県川崎市

『岸本 航』の画像

 大学で学んだ音楽や、自身のアイディアを生かし稲敷市を盛り上げていきたいと思います。いなのすけや茨城GGの丼丼のテーマソング(非公認)を作詞作曲しています。
 またいなのすけを活用した様々な催し物や、地域密着型音楽イベントの開催など、ご当地ミュージシャンとして、市内のエンタメ活性にまい進していきます。目指せ!稲敷いなのすけ、ゆるキャラグランプリ1位!!

 

隊員紹介2期生(h28-h30年度)任期終了

※情報は平成28年度現在のもの

◆加來絵梨乃(移住定住コンシェルジュ)◆

 平成28年4月1日着任:政策企画課人口減少対策室所属
 出身地:千葉県千葉市

『加來 絵梨乃』の画像

 1年目の活動目標は、「出会う」ことです。稲敷市に住んでいる人、地域おこしについて考えている人、様々な世代の人と出会って、いろいろな挑戦をしていきたいと考えています。
 イナシキにいる素敵な人たちと、たくさん面白いことをして、笑顔あふれるまちづくりに協力できるよう頑張ります!

 

◆渡邉義志(移住定住コンシェルジュ)◆

 平成28年4月1日着任:政策企画課人口減少対策室所属
 出身地:東京都武蔵村山市

『渡邉 義志』の画像 

 出身地では少年野球のコーチをしていました。また、現在は稲敷市商工会青年部の野球部に所属しており、10年以上にわたり野球を続けています。
 野球を通じて学んだ忍耐力や礼儀を生かしながら、爽やかに元気よく、そして礼儀正しくをモットーに稲敷を盛り上げていきたいです。

 

◆今泉祐貴(地域文化コンダクター)◆

 平成28年4月1日着任:教育委員会生涯学習課所属
 出身地:千葉県柏市

『今泉 祐貴』の画像 

 卓球をこよなく愛し、世代を問わず幅広い年齢層の方に卓球の指導や監督を行った経験があるので、その経験に裏付けされた創意工夫の技術を活動に生かしたいと思います。
 また、以前から社会に貢献できる仕事に魅力を感じていたので、稲敷市ではスポーツの振興や交流の活性化などを通じた地域おこしに取り組んでいきたいです。

 

『『協力隊みんな』の画像』の画像

『『h30地域おこし協力隊集合ジャンプ』の画像』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは人口減少対策室 人口減少対策係です。

稲敷市役所 3階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表) ファックス番号:029-892-0906(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る