本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 福祉・介護
  4. 高齢福祉サービス

暮らし

高齢福祉サービス

長寿社会の現在、高齢者が健康で生き生きと暮らしていくことは何よりも大切なことです。
市では、高齢者の生き生きとした生活を支援するために、介護保険でのサービスの他に、高齢者を支える様々な福祉サービスを行っています。 

サービス名

内容

対象者

利用料金等

配食サービス

食事の調理が困難なひとり暮らし高齢者などに対して栄養のバランスのとれた食事を配達し、在宅生活を支援するとともに、安否確認を行います。

身体的な理由から食事の調理が困難で、在宅での生活に支障のある65歳以上の在宅のひとり暮らし高齢者等

※利用の可否については、対象者の状況等を訪問調査の上で決定。

※「調理をしたことない」や「高齢のため調理が面倒」という理由では対象となりません。

朝食 200円

昼食 400円

夕食 400円

緊急通報システム

急病などの緊急時に通報できる機器(本体とペンダント型)を設置し、協力員や消防本部に通報し速やかに救助を行います。

65歳以上で急な発作のおそれがあるなど、健康上特に注意する疾病のあるひとり暮らしの方、緊急時に電話通報が困難な65歳以上高齢者世帯

緊急通報機器 貸与

設置工事費 14,000円程度

(市民税非課税世帯は無料)

愛の定期便

月2回、乳酸菌飲料を配布し安否確認を行います。

65歳以上のひとり暮らしで配布を希望する方

無料

給食サービス

バランスのとれた食事の提供(月1回)を行います。

※夏季衛生面より6~9月の提供は中止します。

70歳以上の在宅ひとり暮らし高齢者等

無料

ふれあい電話

月2回程度、利用者へ電話をかけて孤独感の解消と安否確認を行います。

65歳以上のひとり暮らしで希望する方
※配食サービスを受けている方は非該当

無料

シルバーカー
購入費補助

高齢者、障がい者の歩行を容易にする為シルバーカーの購入者に対して補助金を交付します。

※購入時の領収書原本・説明書写し等が必要です

※市税滞納者へは交付できません

65歳以上の者で歩行に支障を来す方
身体障害者手帳所持者で歩行に支障を来す方
過去5年間に同補助を受けていない方

1人1台まで購入額の2分の1
(上限5,000円)

紙おむつ支給事業

紙おむつ等を2ヶ月に1回支給します。
※介護保険料滞納者へは支給できません

紙おむつを使用している要介護3以上、または要介護2で排泄全介助の65歳以上の在宅高齢者(入院・施設入所者は非該当)

無料

家族介護慰労金

4ヶ月以上、ねたきりや認知症の高齢者を在宅で介護している方に介護慰労金を支給します。
※介護期間4ヶ月ごとに申請が必要です。

要介護度4・5と認定された65歳以上の高齢者を在宅で常時介護する方(介護保険サービスを利用している方は非該当)
※介護保険サービス中、住宅改修・福祉用具購入・5日間までのショートステイは除く

1回あたり6万円

徘徊高齢者家族
支援サービス

徘徊の見られる認知症高齢者に位置情報端末を貸与することにより、徘徊高齢者の保護を支援します。

市内に住所を有する徘徊高齢者の介護者

基本料金 500円/月
情報取得料100~300円
(非課税世帯は無料)

救急医療情報

キット配布 

高齢者、障がい者等に対し、かかりつけの医療機関、持病等の救急時に必要な医療情報を冷蔵庫に保管するキットを配布します。

65歳以上のひとり暮らし高齢者
身体障害者手帳所持者で、重度視覚障害者または聴覚障害のある方
日中独居で、健康上不安のある方

無料

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課 高齢福祉係です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る