1. ホーム
  2. くらしの情報>
  3. 仕事・産業>
  4. 林業>
  5. 森林の伐採には届け出が必要です

くらしの情報

森林の伐採には届け出が必要です

【概要】

立木を伐採するときは、事前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出することが法律で義務付けられています。これは、森林の伐採や、伐採後の造林が市の森林整備計画にそって適切に行われ、豊かな森林を作ることができるよう届け出していただくものです。

 

【届出方法】

森林の所有者や木を買い受けた方など伐採の権限を持つ方が、伐採を始める90日から30日前までに、「伐採及び伐採後の造林の届出書」を農政課へ提出して下さい。

※伐採後に森林以外の用途へ転用することとされている場合は、「小規模林地開発概要書」も併せて提出して下さい。

 

【森林状況報告書】

平成29年4月1日受付分より「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が必要となります。

(ア) 伐採後の造林(人工造林又は天然更新)が完了した日から30日以内に市町村に報告書を提出する必要があります。
(イ) 伐採後に森林以外の用途へ転用することとされている場合(「小規模林地開発概要書」提出案件)には、伐採が完了した日から30日以内に市町村に報告書を提出する必要があります。ただし、伐採後に実際には転用されなかった場合には、届出書に記載された「5年後において適確な新がなされない場合」における造林の計画に従って造林を完了した日から30日以内に市町村に報告書を提出する必要があります。

詳細は、掲載資料をご確認ください。→ ≪(参考)伐採届改正点伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る