本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 税金
  4. 住民税
  5. 税務申告相談(平成30年分)

暮らし

税務申告相談(平成30年分)

◆申告・相談はお早めに◆

確定(住民税)申告期限は3月15日(金)です。

 

確定(住民税)申告の相談・受付は平成31年2月18日(月)から3月15日(金)までです。

稲敷市役所での相談・受付の詳しい日程等は、下記の「関連ファイルダウンロード」からご確認ください。

申告期間中は大変混雑しますので、確定申告書を自分で作成し提出される方は郵送等により竜ケ崎税務署へ提出をお願いします。

 

 

◆申告書にマイナンバーの記載が必要になります◆

 申告書の作成・提出時にはマイナンバーの記載と本人確認(番号確認と身元確認)が必要になります。下記のものを申告相談会場へお持ち下さい。

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方
 番号確認書類・・・マイナンバーカードの裏面
 身元確認書類・・・マイナンバーカードの表面

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちでない方
 番号確認書類・・・通知カード、個人番号記載の住民票などのうちいずれか1つ
 身元確認書類・・・運転免許証、パスポート、在留カード、身体障碍者手帳などのうちいずれか1つ

 

 

◆市の申告会場で相談できない内容の申告◆

 次の内容で確定申告される方は、市の申告相談会場ではお取扱いできませんので、税務署へ直接申告するか税理士へ作成を依頼して下さい。(作成済みの申告書の提出は可能です。)

  ● 平成31年1月1日現在、稲敷市に住民登録のない方の申告
  ● 青色申告
  ● 分離課税(土地・建物・株式等の売買、配当所得、先物取引等)の申告
  ● 過年度分(平成29年分以前)の申告
  ● 収支内訳書のできていない営業・農業・不動産所得等の申告
  ● 繰越損失の申告
  ● 雑損控除の申告
  ● 初年度の住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)
  ● 住宅耐震改修特別控除
  ● 住宅特定改修特別税額控除
  ● 認定住宅新築等特別税額控除
  ● 仮想通貨に関する申告
  ● 国外居住の親族を扶養控除とする申告
  ● 外国税額控除のある申告
  ● その他高度な判断を要する申告

 

 

◆国税庁ホームページから確定申告書が作成できます◆

国税庁ホームページ の「確定申告書等作成コーナー」で「確定申告書」が作成できます。

作成がおわったらプリントアウトして税務署に郵送してください。

 

また、インターネットから直接申告書の提出や納税ができる「e-Tax」の制度がありますので、ぜひご利用ください。

 

  ≪郵送先≫ 〒301-8601
        龍ケ崎市川原代町1182-5
        竜ケ崎税務署 個人課税部門あて
        TEL0297(66)1303(自動音声案内)

平成30年分 確定申告特集(準備編)

 
国税庁HP「平成30年分確定申告特集」

 

 

 ◆市県民税(住民税)の申告を忘れずに◆

市県民税の申告書は、税金を計算するための資料となるばかりでなく皆さんがいろいろな面で市の発行する証明を必要とする場合にも使われますので、所得があった方も、なかった方も必ず申告してください。(年末調整が済み会社から給与支払報告書が市役所へ届いている方、所得税の確定申告書を提出した方、稲敷市内に住所を有する家族の扶養になっている方は申告の必要はありません。)

 

申告が必要な方

平成31年1月1日現在、稲敷市内に住所を有する人で前年中の状況が次に該当する方です。

(1)営業等・農業所得、不動産所得(貸地、貸家、駐車場等)、配当所得、雑所得(年金など)、があった方

(2)給与所得者で次に該当する方

 (ア)勤務先から稲敷市へ『給与支払報告書』の提出がされていない方(提出したかしていないかは事業主、あるいは経理担当者にお聞きください。)
 (イ)日雇・パート等により勤務先が一定していない方や中途退職しその後年末調整を受けていない方
 (ウ)給与所得者で給与以外の所得のあった方、または2カ所以上から給与の支払いを受けた方
 ※年末調整済の給与以外の所得が20万円以下の場合は、所得税の確定申告はしなくてもよいことになっておりますが、市・県民税の申告はしなければなりません。
 (エ)医療費控除、雑損控除、寄付金控除を受けようとする方

(3)公的年金等の所得のみの方で、社会保険料控除・生命保険料控除・地震保険料控除・配偶者控除・扶養控除・医療費控除等を受けようとする方

(4)所得のない人で、次に該当する場合

 (ア)国民健康保険に加入されている方
 (イ)後期高齢者医療保険に加入されている方
 (ウ)医療福祉費(マル福)受給者の方
 (エ)非課税証明書又は所得証明書が必要な方

 

次のものに不備がある場合は、申告相談がうけられないことがあります。

・申告書(税務署、市から送付を受けていない方は申告会場にあります。)
・印鑑(シャチハタは不可)
・収支内訳書(一般・農業・不動産)
・給与・年金・退職の源泉徴収票(原本)
・各種証明書(生命保険料、地震保険料、国民健康保険税、国民年金保険料など)
・本人名義の口座番号がわかるもの(通帳)
・医療費控除を受ける方は医療費の領収書と、保険金などでほてんされた金額がある場合には金額がわかるもの
・障害者控除の適用を受けられる方は障害者手帳等を相談時に提示してください

 

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る