1. ホーム
  2. くらしの情報>
  3. 仕事・産業>
  4. 農業>
  5. お知らせ>
  6. 特定外来生物「ジャンボタニシ」「ナガエツルノゲイトウ」の農地侵入を防ぐために

くらしの情報

特定外来生物「ジャンボタニシ」「ナガエツルノゲイトウ」の農地侵入を防ぐために

 近年、特定外来生物である「ジャンボタニシ」や「ナガエツルノゲイトウ」が、農地に侵入し全国的に深刻な農業被害が報告されています。以下の内容を参考にして、防除対策をお願いします。個々の農家による防除作業には限界があります。防除対策を組み合わせて、地域全体で防除効果を高める組織的な取り組みにご協力ください。

 

 【特 徴】

  〇ジャンボタニシ

   ・南米原産の淡水性の巻貝です。柔らかい葉を好んで食べるため、稲の苗やレンコンの芽を食害して大きな被害を出しています。

   ・日が暮れると水中から上がってきて、草や用水路の壁にピンク色の卵を産みます。

  〇ナガエツルノゲイトウ

   ・ヒユ科の多年生植物で、水辺(農業用ため池、河川)で大群落となり、茨城県でも昨年に水田への侵入が確認されました。

   ・葉は千切れやすく、節や根から活発に再生し拡散しやすい特性があります。

 

 【侵入防止方法】

  取水期間時、給水栓口にネット等を設置し、水路からの侵入を防いでください。

  〇ジャンボタニシ:水路に発生している場合、越冬した大型の貝の侵入を防ぐのに有効です。

  〇ナガエツルノゲイトウ:主に取水口から侵入し畦畔や水田内に広がるため、有効と考えられています。

 

 【発生した場合の防除方法】

  〇ジャンボタニシ

   ・貝は見つけたら、捕獲してつぶします。卵は、産卵早期に水中に払い落とすかつぶしてください。

    (貝には寄生虫がいる可能性があり、卵にも毒があると言われているため、素手では触らないでください。)

   ・食害を防止するために、薬剤散布や浅水管理などの防除対策をしてください。

  〇ナガエツルノゲイトウ

   ・刈払機による除草によって断片が拡散し、農地に侵入する可能性があります。

   ・定着が見られる畦畔では、除草剤中心の管理をしてください。

 

   

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

稲敷市役所 2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る