本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 保険・年金
  4. 国民年金
  5. 国民年金へ加入する人

暮らし

国民年金へ加入する人

国民年金は、すべての国民を対象として、老齢・障害・死亡に関して必要な給付を行い、健全な国民生活の維持・向上に寄与することを目的にしています。
めざましい医学の進歩や生活環境の変化により、日本人の平均寿命はますます伸びています。そのため長い老後の生活をいかに過ごすかが注目され、国民年金は大きな役割を担っているといえます。
みんながお互い協力して将来の生活を支え合う国民年金制度は、あなたの「人生80年時代」を応援します。

加入者

・国民年金には国民全員が加入します。
・20歳になったら、職業や収入を問わず、国民全員が加入します。
・加入形態と費用負担のちがいによって3つのグループに区分されます
・あなたはどのグループに該当しますか?

第1号被保険者
日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の自営業や自由業などの人とその配偶者、学生。
保険料は、毎月ご自身で納めなければなりません。
第2号被保険者
職場の年金(厚生年金保険や共済組合)に加入している人。
保険料は、給料からひかれている厚生年金保険料等に含まれているので、個人では納める必要がありません。
第3号被保険者
第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者。保険料は拠出金として厚生年金保険や共済組合から支払われますので、個人では納める必要はありません。

本人が希望すれば加入できる人もいます。(任意加入者)

・60歳未満の人で、厚生年金や共済組合から老齢(退職)年金を受けている人
・60歳以上65歳未満の人(老齢基礎年金を受けていない人)
・海外に住む日本人(20歳以上65歳未満)
 ※65歳以上でも期間不足のため再加入できる場合もあります。

こんなときには必ず届け出を

届け出には印かん、年金手帳のほかに添付書類が必要な場合がありますので、よく確認のうえ、国民年金の窓口で手続きしてください。

住所・氏名が変わったとき
住所や氏名を変更する届け出をしてください。
※3号被保険者は、配偶者の職場経由
増収・離婚
配偶者の扶養からはずれたとき
増収や離婚で、厚生年金や共済組合の加入者の扶養からはずれたら、第1号被保険者の届け出をしてください。
20歳になったとき
厚生年金や共済組合に加入していない人は国民年金の加入届け出をしてください。
退職
厚生年金などを脱退したとき
60歳になる前に退職したときは第1号被保険者の届け出をしてください。
(扶養していた配偶者がいるときは合わせて届け出を)

あなただけの基礎年金番号があります

かつて国民年金・厚生年金・共済組合などの公的年金制度ごとに付けられていた年金番号を共通化(一人1番号)したものを基礎年金番号といいます。
これにより、公的年金の加入期間を通じて、同一の番号で記録の整理、年金に関する手続きや照会、届け出を忘れた人への個別のお知らせや年金の裁定がより速やかにできるなどのサービスを行うことができるようになりました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

稲敷市役所 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る