本文へ移動する

暮らし

老人性白内障補助眼鏡等購入費助成事業

老人性白内障手術を受けた方で、補助眼鏡等を使用することで視力の回復が可能な方に対し、眼鏡等の購入費用の一部を助成します。詳しくはお問い合わせください。

対象者:次のすべてに該当する方。
○手術を受けた日に市内に住所を有する65歳以上の方(手術した月より1年以内
○視力矯正のため、補助眼鏡等を使用する必要があると医師が認めた方
○市税等に滞納のない方

助成額:助成金の額は購入額の2分の1以内で、下記のとおり限度額があります。(1,000円未満の端数切捨て)
○補助眼鏡 上限10、000円
○特殊眼鏡 上限30、000円
○コンタクトレンズ 上限25、000円

必要な書類等

 1 交付申請書(様式1号)

 2 医療機関の発行する証明書(様式2号)

 2 補助眼鏡等を購入した際の領収書(宛名、購入品目がわかるもの)

 

※注意事項 申請は眼鏡等を購入した年度内に申請してください。(3月末購入分については4月上旬までに)

 年度をまたいだ場合は補助を受けられません。右眼左眼にかかわらず補助は1人1回のみです。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課です。

稲敷市役所 1階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る